<   2009年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧
ガラスの仮面 43巻
b0006749_0342047.jpg42巻発売から約4年。やっと新刊がでました。42巻は6年も待ちましたから、少しはスピードアップした!?
第1巻を手にしたのはいつだったでしょうか。小学生?中学生の頃?もはや記憶も遠い数十年前。まさかこんなに引っ張られるとは...

42巻に比べると多少は進展があります。
それでもまだまだ先が長い雰囲気...あぅぅ

美内先生、お願いです!スピードアップして下さいー
[PR]
by uzuzun_55 | 2009-01-27 00:40 | 漫画生活
2009全米選手権 【男子シングル】
全米選手権、男子シングルを見終わりました。
嬉しいのと、悲しいのと...複雑だぁー

かねてより注目していたジェレミー・アボット選手が見事全米チェンピオンに!
今シーズンの活躍は素晴らしいものがありました。まさか全米チャンピオンになる日がこんなに近かったなんて!自信に満ち溢れたスケーティングでした。PCSがだんとつで、唯一80点台にのせていました。素晴らしい!世界選手権での活躍に期待です!

2位はブランドン・ムロズ選手
ダークホースでした。全米初出場で2位。ジュニアにこんな選手がいたんですねーまだ18歳ですよ。堂々たる演技で、とても18歳にはみえません。すべりも大人びています。みんなが回避していた4回転をクリーンに決めていました。末恐ろしいです。

3位、わずか0.6ポイント差でエヴァン・ライサチェック選手
転倒はあったものの、無難にまとめた感じです。もちろんいつものように気合充分、意気込みも感じましたが、でもやっぱりスケーティングがカタイんですよね。特にジャンプのランディングが悪く(止まった感じ)印象がね...これはもうどうしようもないのかな。

悲しいかな、ジョニー・ウィアーは5位でした。
SPの3A失敗...さらにフリーでもしょっぱなに3Aのすっぽぬけ...
ジョニーの3Aはとても美しいので、これが決まらないとツライ。
演技自体はそれほど悪くなかったです。
スケーティングもとても良かった。ジャンプが決まらないと点数的にきついシステムなのはわかっているけど、それだけじゃないよーとジョニーの場合はいいたくなります。
なんだか痩せていたようにも見えるし、体調が悪かったのかも...
四大陸もワールドも出られないけど、来期、また復活してほしい!!
b0006749_06936.jpg

ちなみに、全米選手権は第4位まで表彰されます。PEWTER!?

More
[PR]
by uzuzun_55 | 2009-01-27 00:26 | 【フィギュアスケート】
2009全米選手権【女子シングル】
全米選手権、女子シングルはアリッサ・シズニー選手が涙の初優勝です!
見ごたえのある大会でした。

まさかアリッサ・シズニーが優勝するとは思ってもみませんでした。SPとFSをそれなりに2本まとめたのをみたのは何年ぶりでしょうか。彼女の弱点はジャンプです。どんなカタチでも着氷さえすれば、あとは点数が自然についてくるタイプ。美しいスピン、スパイラル、ステップ、申し分ありません。今回やっとジャンプが決まってタイトルを手にしました。涙ぐむ姿にこちらもホロリ。

2位はレイチェル・フラット選手
いつも安定してますねーとても美しく滑る若手のホープ。
トリプル-トリプルも見事に成功。表現力もあって頼もしいです。

3位はキャロライン・ジャン選手
身長がずいぶん伸びました。体の柔らかさは健在で、パールスピン見事でした。
ただ、ジャンプの回転不足が何箇所かあったので、良い演技でも意外と点数が出ない印象です。まだ若いのでこれからも大いに期待。

b0006749_23371260.jpg
(左から)総合2位のレイチェル・フラット、総合優勝したアリッサ・シズニー、総合4位のアシュリー・ワグナー、総合3位のキャロライン・ジャン

More
[PR]
by uzuzun_55 | 2009-01-27 00:03 | 【フィギュアスケート】
欧州フィギュアスケート選手権2009 【女子シングル】
ラウラ・レピスト(フィンランド)が初優勝!
SP1位から逃げ切り、見事な優勝でした。とても綺麗で繊細なスケーターというイメージ。
今年はフィンランド勢の活躍が目立ちました。地元開催の強みでしょうか。
3位にスザンナ・ポイキオ(フィンランド)。
ハリウッド女優並に美しいキーラ・コルピは5位でした。彼女はフリーの出だし、氷に足をとられて、壁に激突、中断というアクシデントがありました。これでマイナス3点の減点は大きかったです。(中断はマイナス2点、転倒でさらにマイナス1)

3連覇を狙ったカロリナ・コストナー(イタリア)はフリーでトップだったものの、3位に終わったSPでの出遅れが響き、2位でした。SPの失敗は大きかったです。

同時期に全米選手権が行われたのですが、全米に比べて、ヨーロッパ選手権の方が点数が辛めでした。かなり厳しくジャッジされている模様。
b0006749_1542233.jpg
優勝したラウラ・レピストの演技

More
[PR]
by uzuzun_55 | 2009-01-26 15:35 | 【フィギュアスケート】
欧州フィギュアスケート選手権2009 【男子シングル】
J Sports plusで観戦。今年のヨーロッパ選手権はヘルシンキで開催です。

予想通り、ブライアン・ジュベール(フランス)が優勝しました。
本調子ではなく、ミスはあったもののSPの貯金がきいて、見事優勝。フリーでは新しい曲に挑戦していました。曲にメリハリがないので、ちょっと盛り上がりに欠けると思うのですが...世界選手権を見据えての曲変更でしょう。まだまだ攻めの姿勢なんですねー

手堅い演技でまとめたサミュエル・コンテスティ(イタリア)が2位、故障を抱えていたのにノーミスで見事な演技だったケヴィン・ヴァンデル・ペレン(ベルギー)が3位に入りました。

個人的にはやはり、スケーティングの上手い選手に惹かれます。
今大会では4位に入ったポンセロの滑りが良かったです(フリーでは1位)。
逆に、スケーティングのヘタなプレオベールの演技は見ていて苦しいです。キャラクターダンス的な要素を取り入れないと、点数は伸びないでしょう。正統派ではアラが目立ちすぎます。
b0006749_158577.jpg


More
[PR]
by uzuzun_55 | 2009-01-26 14:46 | 【フィギュアスケート】
2009年 フィギュアスケート放映予定[J Sports Plus]
自分への備忘録として記しておきます。

More
[PR]
by uzuzun_55 | 2009-01-10 13:50 | 【フィギュアスケート】
プルシェンコが競技に復帰!
フィギュアスケート男子のトリノ五輪金メダリスト、エフゲニー・プルシェンコ(ロシア)は9日、来年2月のバンクーバー五輪を目標に来季から本格的に競技に復帰する考えを明らかにしたそうです!(今朝の日経新聞スポーツ欄にも記事がのってました!!)

プルシェンコは、トリノ五輪後、アイスショーなどでプロスケーターとして活動していました。前から復帰はしたいという噂は聞いていましたが、ひざの手術などもあって競技から遠ざかっていた模様。4シーズンぶりの実戦では、国内の大会や欧州選手権出場を考えているという。

男子シングルは現在、ずば抜けた選手がいないので混戦です。その中にプルシェンコの復帰ニュースは大きいなー
トリノのときのような演技ができれば優勝も狙えるかも。それでも実践から遠ざかっていたのは痛いと思いますが...ロシアもかつての勢いがないので活性されそう。

今期、スケートねたをアップできず...(汗)
それでも試合は全部見てますよ~
注目すべき点は
・私がかねてから目をつけていたアメリカのジェレミー・アボットがグランプリシリーズで表彰台のトップにのったこと。
・アイスダンス、大好きなテッサ・バーチュー&スコット・モア組(カナダ)の怪我(涙)
・大好きなスケーター、ステファン・ランビエール(スイス)の引退(涙)
・高橋大輔選手の怪我(涙)
・太田由希奈選手の引退(涙)
ちょっと凹んだ今シーズン...
とりあえず、四大陸と世界選手権は必見です。
おっと、その前に全米選手権も!!
[PR]
by uzuzun_55 | 2009-01-10 13:39 | 【フィギュアスケート】
外科医ポン・ダルヒ
b0006749_23483532.jpg
イ・ヨウォン主演『外科医ポン・ダルヒ』
韓国放映: SBS 2007年1月17日~3月15日(全28話)

【あらすじ】研修医1年生のポン・ダルヒ(イ・ヨウォン)と周りを囲む外科医や仲間達が医療現場を通して成長していく内容。病院を舞台にポン・ダルヒと天才外科医のアン・ジュングン(イ・ボムス)、外科専門医のイ・ゴヌク(キム・ミンジュン)が医療現場で、患者との心の交流通じ医者としても成長していく感動のストーリーを繰り広げる。

中盤以降、一気に見ました。とても面白かったです。
単に医療現場だけの内容ではなく、恋愛もあり、自分との戦いもあり、出生のこともあり
色んな要素が盛り込まれた内容でした。
研修医はやっぱり厳しい世界なんだと痛感もしました。

主演のイ・ヨウォンはそんなに美人というタイプではないので(失礼!)、ダルヒ役にドンピシャでした。笑顔がとてもチャーミング。医者として成長していく姿がとても感動的でした。

そして、芸達者なイ・ボムス。今回も見事でした。
恋愛に不器用(!?)な様が見ていて微笑ましくもあり、時には頼もしくもあり、天才外科医でもやっぱり一人の人間なんだな、というのがよく表現されていました。さすがだわ。

キム・ミンジュンは相変わらずカッコいいですね。さらに、その元妻を演じたオ・ユナssi。『恋愛時代』とはガラリと変った印象で、とてもビックリ。このような役も似合うんですねー素敵でした。

ちょっとリアルな手術シーンは苦手でしたが、それ以外は感動ヒューマンドラマとして、とても楽しめました。
[PR]
by uzuzun_55 | 2009-01-07 00:04 | 韓国ドラマ・か行~
朱蒙(チュモン)
b0006749_10114599.jpg
韓国放映:MBC 2006年5月15日~2007年3月6日(全81話)

昨年、やっとBSフジでの放映が終了しました(11月26日)。長かった~
週1回のペースでしかも吹替え(途中、チュモンの声優役の交代もあったり)。本当に長かった。
でも物語の展開にぐいぐい引きこまれて、最後まで完走することができました。

ラストはちょっと盛り上がりに欠けたかなーという気もしますが
それを差し引いても面白さNo.1の時代劇だったと思います。
男性のファンが多いのもうなづけます。

初期の段階ではたよりなくて、へなちょこチュモンにあらら...という感じでしたが
大人になるにつれて、風貌が変わり、段々たくましく、そしてカリスマ性あふれたオーラにつつまれ、素晴らしい大将になっていく様がたまりませんでした。
難しい乗馬のシーンも難なくこなせていて、素晴らしい俳優でした。ソン・イルグクssi

脇を固めた俳優陣にも拍手をおくりたいです。

ソソノ役のハン・ヘジン、「頑張れ!クムスン」とは全く違う役で好演していました。
ちょっと線が細すぎるかなーとも思いましたが、乗馬や殺陣もお上手でした。

女優陣、みなさん美しかったですねー
チュモン母ユファ役を演じたオ・ヨンスさんとチュモンのイルグク氏が同い年というのもびっくり。
あまり違和感なかったですよね(^^;

ヘモス役のホ・ジュノssi、クムワ王のチョン・グァンリョルssi、ベテランらしい味で凄みがありました。さすがですよね。

このドラマは紀元前108年、漢の侵略により古朝鮮国が滅亡するところからはじまるのですが、韓国の時代劇を見ていつも思うことが
文化の発達が進んでいる!ということです。着るものや、食べ物、住まいなど
当時の日本とは比べ物にならないでしょうね。

韓国の歴史を勉強してみたい、と思わせるドラマです。
[PR]
by uzuzun_55 | 2009-01-06 10:30 | 韓国ドラマ・た行~
明けまして おめでとうございます!
b0006749_1827142.jpg

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

すっかりご無沙汰しております。私は元気です(^-^)
ちなみに今年のおみくじは「吉」でした!
2009年、マイペースで頑張っていきたいと思います。

昨年末、怒涛のごとく視聴したドラマの感想も少しづつ書いていきたいと思います。
今年もどうぞお付き合い下さいませ。

皆様にとっても良き年となりますように。
[PR]
by uzuzun_55 | 2009-01-04 18:30 | ごあいさつ