<   2008年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧
『思いっきりハイキック』に夢中!
毎日暑いですね~( ̄^ ̄)
いかがお過ごしでしょうか。

我家のパソコンを置いている部屋、冷房がないんです。
よって、ブログからも遠ざかっておりました...

私が今、ハマリにハマッているのが、『思いっきりハイキック』です。
もう毎晩、見ております。
特にユノ役のチョン・イルくんがお気に入りです(^^)

現在、130話まできました。最後まで見てしまうのが惜しいような嬉しいような...
きっと何度も見返してしまうドラマです。
日本で発売されるDVDは全話収録ではないようですね。残念~

見終わったら、詳細レポ書きますー
b0006749_1812095.jpg

[PR]
by uzuzun_55 | 2008-07-27 18:14 | 韓国ドラマ・あ行~
韓国ドラマ 『花よりも美しく』
b0006749_17145761.jpgBS日テレで視聴し終えました、韓国ドラマ『花よりも美しく』全30話。演出キム・チョルギュ、脚本ノ・ヒギョン。出演は、コ・ドゥシム、ぺ・ジョンオク、パク・サンミョン、ハン・ゴウン、キム・フンス、キム・ミョンミン、カン・ジファン他。

スターが出演している訳でもなく、とても地味なドラマですが目が離せませんでした。久しぶりに号泣したドラマです。このドラマを通じて「人を許す」という意味を教わった気がします。このような韓国ドラマもあるんだなぁと、改めて韓国ドラマの奥深さを感じました。

と、感動した反面
ありえない...と思うことも多々ありました。

このドラマではコ・ドゥシムさん演じるヨンジャさんがメインなのですが
このヨンジャさん、ちょっと受身すぎ、というか、韓国のオムニらしからぬ頼りなさです。
そこが純粋で美しい物語の核となっているのですが...
2004年に放映されて、その年の賞を総なめにしたそうですが...
確かに、コ・ドゥシムさんの演技は素晴らしいのですが、リアリティにかけます。

それと、長女のミオク(ぺ・ジョンオク)と義妹(叔母)の怒鳴るようなしゃべりかた。とても耳につきました。韓国のおばさんはいつもあのようにしゃべるのでしょうか。かえって、感情表現がとぼしくみえてしまいます。

キム・ミョンミン演じるインチョルは良かったです。喜びや苦悩、とてもうまく表現されていました。ハン・ゴウン演じる次女のミス、後半は涙のシーンが多かったですが、不自然さがなく、うまいなぁと思いました。

このドラマで一番魅力的だったのは、ヨンミンさん(パク・サンミョン)でした。
懐の大きさ、包容力、すばらしい人間性を感じます。みてくれが全てじゃないですね(笑)

素晴らしいドラマで、色々考えさせられました。視聴後も頭から離れないドラマです。
でもやっぱり、ヨンジャさんに共感しきれない自分もいます。
視聴された方の感想、お聞きしたいです。

ちなみに、現在人気沸騰中のカン・ジファンは亡くなった長男で遺影役です。
[PR]
by uzuzun_55 | 2008-07-27 17:36 | 韓国ドラマ・は行~
韓国映画 『今、愛する人と暮らしていますか?』
b0006749_16193070.jpg韓国映画『今、愛する人と暮らしていますか?』を見ました。主演はオム・ジョンファ、パク・ヨンウ、イ・ドンゴン、ハン・チェヨン。 監督チョン・ユンス、脚本キム・ソンミ&キム・ジン。2007年韓国。

倦怠期の2組の夫婦が繰り広げる危険な!?ラブストーリー。
内容は、2組の夫婦がお互いの相手と不倫をするというスキャンダラスな内容ですが、けっこうスムーズに見られます。無理なく...といいますか。
韓国での公開前は、露出シーンが話題となっておりましたが、それほどでも...という感じです。まぁ、確かに、ハン・チェヨンはチュンヒャンの頃と比べると、ぐっと大人っぽくなっていて、驚きました。新婚さんですし、色っぽい演技も素敵です。当然のことながらオム・ジョンファも大人の女性!という雰囲気がでまくっています。

男性陣も素敵です。パク・ヨンウ、はじめてちゃんと見た気がしますが、役にハマッていました。イ・ドンゴンも役者としてぐっと大人っぽくなった感じです。

ラストに物足りなさを感じますが、まぁそれもアリかな、と思いました。
スキャンダラスな内容なんですが、スルスルっと進んでいくテンポの良さが心地よいです。

それと、ひとって他人のものがよくみえたりしますが、これって他人からも自分のものがよく見られている、ということなんですよね。気がつかない男性陣、ご注意を(^^)
[PR]
by uzuzun_55 | 2008-07-27 16:34 | 【韓国シネマ】
イ・ジョンジェのアクション写真
b0006749_11531488.jpg
久しぶりのジョンジェネタ。 朝鮮日報の記事より

映画『1724妓生置屋乱闘事件』の公開を控えているイ・ジョンジェですが、清渓川一帯でファッション雑誌「allure」8月号の写真撮影を行ったようです。
雑誌の企画は、都心で追撃戦を繰り広げるという内容。顔の傷などは特殊メイクを施し、カメラの前で迫真の演技を披露した、とのことです。

#画像は、表情を見たいので加工しました(^^;)

もう一枚
[PR]
by uzuzun_55 | 2008-07-12 11:57 | イ・ジョンジェ
韓国映画 『Sダイアリー』
b0006749_19582727.jpg前から見たかった『Sダイアリー』やっと見ることができました。
『私の名前はキム・サムスン』より以前の作品なので、太る前のナイスバディなキム・ソナが登場です。

ちょっとHでほろ苦い(!?)青春ラブコメディといった感じでしょうか。ふられた女の復讐劇でもあります。監督は『サッド・ムービー』のクォン・ジョンクァン。長編デビュー作である本作では、脚本も担当。主演はキム・ソナ。復讐される男性陣にイ・ヒョヌ、キム・スロ、コン・ユ。友情出演にチャン・ヒョク。
主演のキム・ソナは監督とともにナレーションを書き下ろすなど全面協力、そして彼女自身の恋愛の記憶が数多く取り入れられたそうです。
あらすじはこちらを参考に→innolife

なんとなく、今の時代の韓国を象徴しているような!?作品に思えました。きっと昔だったら、絶対にテーマとしない内容です。

主人公のジニ(キム・ソナ)は、恋愛に対して自由奔放。まぁ、悪く言えば尻軽で反道徳的かもしれない。でもこのような女性像を肯定的に、そして裏表がなく、どちらかというと魅力的に描かれています。
ジニを巡る3人の男性たち(イ・ヒョヌ&キム・スロ&コン・ユ)も今の韓国人男性をよく象徴している気がします。なんとなく共感もできます。

この作品はゲラゲラ笑うコメディとは違いますが、”今風”な韓国を体感できます。
エンドロールが唯一、心あたたまるシーンでしょうか。

ただ、もうちょっと言わせてもらえば、もっと、こう、前向きになるような、
ガツンとファイトをもらうような、そんな〆が欲しかったです。
[PR]
by uzuzun_55 | 2008-07-11 20:15 | 【韓国シネマ】
ソン・シギョン入隊
b0006749_14185671.jpg
ブログの更新を怠っているあいだに、ソン・シギョンssiがついに入隊してしまいました。
夏以降かなぁと勝手に想像しておりましたが、まさか7月1日だったとは( ̄^ ̄)
アルバムもでたばかりだし、韓国でコンサートもしたばかり。
こんなに唐突だったなんて。びっくりしました。

韓国男子は兵役が義務付けられているとはいえ、一番良い時期に2年間拘束されるのは、やはりたいへんなこと。入隊する時期の決定はきっと紆余曲折あったことでしょう。
元気な姿でまた2年後に会いたいです。

短髪も意外と似合っていますね(^^)
[PR]
by uzuzun_55 | 2008-07-11 14:22 | ソン・シギョン