<   2008年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
韓国ドラマ 『太王四神記』
b0006749_16434886.jpg
NHK BS-hiで視聴しました。第24話(最終回)が終わってから10日以上たちますが、まだなんとなく自分の中で消化しきれていません。
主演はペ・ヨンジュン、ムン・ソリ、イ・ジア、チェ・ミンス、ユン・テヨン他
演出、キム・ジョンハク。脚本、ソン・ジナ。音楽プロデューサーに久石譲。
あらすじは省略します。公式サイトを参照下さい。

ちょっと整理がてら要点を。

【太王とは】広開土大王(クァンゲドデワン) のこと。高句麗の第19代王(375~413:在位391~413)。
名前は談徳(タムドク)。高句麗の全盛期を作り上げた王として韓国の国民的英雄らしい。

【四神】アジアの古代思想で、四方の方角をつかさどる守護神。日本でも、高松塚古墳やキトラ古墳の壁画などに描かれている。

【高句麗】 紀元前37年~618年。今の北朝鮮と中国の東北地方に存在した国。新羅と唐の連合軍により滅亡。高句麗がこの世にあった頃、日本は弥生時代~古墳時代。

韓国ドラマファンのみなさんにはチュモンが高句麗をつくり、その後の話...といった方がピンとくるでしょうか。ドラマの中でも「チュモン」「ソソノ」というセリフが一度だけ出てきました。


さて、肝心のドラマの感想。

私は面白かったと思います。前評判通り、巨額な制作費を惜しみなく費やし、俳優陣もそれにこたえた...という印象です。アクションシーンも多く、ペ・ヨンジュンの新しい魅力も存分に発揮されていました。最後は怪我をしながら、撮影を強行したとか。(授賞式での松葉杖姿がその過酷さを物語っていましたねー)

一番強く感じたのは、リーダーはこうあるべき!というのを魅せてくれたこと。
話が進むにつれ、タムドク(ペ・ヨンジュン)のオーラがどんどん強くなっていきました。
部下を守る、判断を誤らない、率先して自分が先頭に立つ...できそうでできないことです。これは現代にも通じるものがありますね。会社の上司と比べてみて下さい。きっと納得いかない人の方が多いんじゃないかな(笑)

それから残念だったのが、あまりにも視聴者にゆだねる機会が多かった...
時々、はっきり説明しないで「視聴者におまかせ」的なシーンが多かったので、なんとなく置いてきぼり?みたいな感覚が...
象徴的なのが、ラストシーンですよね。
みなさん、いろんな意見があると思うのですが、私は「この先は視聴者のみなさんで考えてね」と放られたような気がしました。

神器が壊され、人は人として生きていく...ということなのでしょうが
もう少し、わかるように描いてほしかった...
守り主の活躍も期待していたし、スジニとの関係ももっと掘り下げてほしかったし
キハのことも...(最後の大長老との入れ替わりシーンは長すぎっ)

でもまぁ、そのへんのことを差っぴいても、満足な内容だったと思います。
何よりも役者の演技が素晴らしかったし、音楽も良かった。とても印象に残る作品です。
私はペ・ヨンジュンの声が好きー。再認識(^^)

なんだか長々と書いてしまいましたが、今日のところはこのへんで。

※昨日、ペ・ヨンジュン氏が来日されたようで、関空にはなんと3,000以上のファンがおしよせたとか。まだまだヨン様パワーは健在ですね。すごい。
[PR]
by uzuzun_55 | 2008-05-31 17:42 | 韓国ドラマ・た行~
韓国ドラマ 『犬とオオカミの時間』
b0006749_17225730.jpg
韓国ドラマ『犬とオオカミの時間』、WOWOWにて視聴完了しました。主演はイ・ジュンギ、チョン・ギョンホ、ナム・サンミ。脚本はハン・ジフン&リュ・ヨンジェ、演出はキム・ジンミン。

あまり期待してないで見始めたのですが、これが意外や意外。どんどん引きこまれていき、かなりドップリ浸かってしまいました。とても面白かったです。

『王の男』のイメージが強いイ・ジュンギ。このドラマでは韓国語・英語・タイ語を駆使し、得意のテコンドーでアクションもバッチリ。これまでのソフトなイメージから一新、とても男らしい面をみせてくれました。
共演のチョン・ギョンホはMISAでのイメージしか知らないのですが、これまた男らしい面をのぞかせ、好演していました。

ドラマの内容は、タイの犯罪組職に母親を無惨に殺害されたスヒョン(イ・ジュンギ)を軸に、一緒に育ったミンギ(チョン・ギョンホ)とともにNIS要員(特殊捜査要員)になり、犯罪組織とからみあっていきます。ある日、スヒョンはNISの潜入捜査要員となります。事故死として自分の過去を偽装し復讐のため潜入するスヒョン。ケイというニセの名前を名乗りバンコクの裏通りを歩き回るようになる…。
復讐がメインテーマになっていきます。

韓国ドラマによくありがちな記憶喪失もあります。でもこのドラマではとても効果的に使われていて、他のドラマとは違います。見ている視聴者だけが知っている哀しい現実。見ていてとてもハラハラします。そして虚しさも...

暴力団同士の抗争など、私にとっては苦手分野なのですが、スヒョン(イ・ジュンギ)の軽やかなフットワーク(回し蹴りなど)がとても美しく、見ていてスカッとします。なんでもテコンドーの有段者らしいですね。さすがでした。銃の構える姿も堂に入っていました。

ラストも私は納得しました。ちょっと視聴者をまどわす演出もなかなか。
お金をかけて撮影したのが伺えます。それに見合っただけの内容だと思います。
満足感たっぷりのドラマでした。
[PR]
by uzuzun_55 | 2008-05-28 17:52 | 韓国ドラマ・あ行~
韓国ドラマ 『コーヒープリンス1号店』
b0006749_15103092.jpg
BSジャパンで放映されていた『コーヒープリンス1号店』が先週、最終回をむかえました。このドラマ、とても期待していました。評判が良かったし、コン・ユくんの演技を楽しみにしていたし...
ところが、恐ろしくまったくハマれませんでした( ̄^ ̄)
私の感性がおかしいのかしら?と心配になりました。

まず、ウンチャン(ユン・ウネ)の男装はかなり無理があったように思えます。演技ではとても頑張っていたとは思いますが、男性には見えない。スタートがコレなので、話が進んでも、まったく共感もできず...
さらに、ウンチャン、自分が女であることを言う機会はいっぱいあったのに、うじうじと言わずに...これが見ていてイライラしっぱなしで( ̄ロ ̄ll)

コン・ユくんの演技も楽しみにしていたのですが...なぜか、引いてしまうばかりで...
非常に冷静で客観的にみている自分がいました。

最終回のあっけなさにも、あんぐり。これでお終い!?
とってつけたような内容で終わってしまいました。

音楽、小道具、インテリア、そしてまわりのキャストはすごく良かった。
それぞれ個性があったし、共感できる部分もたくさん。ハンソン(イ・ソンギュン)の役まわりもなかなか良かったし。
ユジュ(チェ・ジョンアン)が『海神』や『あの青い草原の上で』に出演していた人と同一人物とは気がつかなかった...こうも変るのねん。びっくり。

BSジャパンはおそらく正味45分弱?
実際には60分はあるでしょうから、かなりカットされていたことになります。
このせいかなー ハマれなかったのは...
やっぱりノーカットで見ないとね...(しみじみ)

期待が大きすぎたんでしょうね。残念。ほんと、まじで。
[PR]
by uzuzun_55 | 2008-05-17 15:26 | 韓国ドラマ・か行~
相棒-劇場版- 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン
b0006749_207589.jpg
私が唯一日本のドラマでかかさず見ていたのがテレ朝の『相棒』。はじめて土曜ワイド劇場に登場してからリアルタイムで見続けています。映画化されるとあって、公開がとても待ち遠しかったです。

ところが!!感想は...う~ん
「ドラマの方が面白い」が正直な感想。

もともとドラマでも社会批判やマスコミ批判はチクチクとしていましたし、時事問題もとりあげていました。ですが、今回題材にした問題は実際にあったことで、まだ人々の記憶に残っているものでした。これを題材にするにはちょっと無理があったように思います。というか、制作サイドはメッセージを送りたいのでしょうが、かえってそれが強く前面に出すぎていました。ドラマ版のように”さり気なく”伝えたいことを伝える、という方が胸にしみます。

そして何より犯人の動機と実行性がかみあっていません。無駄な(意味の無い)伏線も多すぎ。ミステリ好きの人がみたら、”なんとお粗末”とガッカリされるでしょう。必然性もしくは理由付けがあいまいになってしまったために、作品の質を落としてしまっています。相棒ファンだから、とおおめにみてもこれはいただけません。
犯人も早々にわかってしまいます(まぁ、このへんは別にいいのですが)。

杉下右京(水谷豊)、亀山薫(寺脇康文)の両役者の演技は相変わらず素晴らしいのに...
それと過去の出演者を総動員しているのは相棒ファンとしては嬉しいかぎりですが、ドラマを見ていない人にはよく理解できなかったのでは?と思います。特に衆議院議員の片山雛子(木村佳乃)との関係とか。根深いものがあるんですよー

とにかく、今回は脚本がダメです。必然性のないトリックなんてありえない。
ドラマのスペシャル版の方がよっぽど完成度高いです。

ああ、相棒ファンな私がこんな感想しか書けないのが非常に残念。
[PR]
by uzuzun_55 | 2008-05-13 20:29 | 【映画生活】
大阪くいだおれの旅
すっかりご無沙汰しておりました(汗)
みなさん、お変わりありませんか?訪問してくださったみなさま、ありがとうございます。
エントリーが全くあがらず、ガッカリさせてしまってすみません。

b0006749_10391950.jpg
GWは「大阪くいだおれの旅」と称して、たらふく美味しいものを食べてきました。
最近、ニュースで騒がれている”くいだおれ太郎”氏の前はいつ行ってもすごい人でした。
大阪を象徴するものとして頑張ってきた太郎さん。いったいこの人たちの何人がお店に入ったことあるんでしょうか。騒ぐ前に売り上げに貢献していれば...と思わずにはいられません。

b0006749_10444281.jpg
今回の旅の重要な目的であった「ふぐ」
今まで食べた記憶がないんです。食べたこっとがあったのかもしれませんが、記憶にありません。そこで是非、ふぐづくしのコースを堪能したいと思っていました。東京では1万円のコースがさすがくいだおれの街、大阪。なんと5千円で前菜、ふぐさし、ふぐちり、おじやなどなど一通り味わえました。
感想は、ぷりぷりして味がしっかりしている、という感じです。もっと淡白なのかな、と想像していました。

大好きな”くしかつ”は大阪色の濃い、新世界で堪能。コロモがサクサクしていて最高でした!

さらに、梅田・阪神百貨店地下の”いかやき”と”ミックスジュース”は定番コース。
今回も何度も足を運びました。”安くて美味しい”は大阪に限りますね。
[PR]
by uzuzun_55 | 2008-05-12 10:50 | 旅行