<   2008年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧
熱い全米!!見逃した~
全米選手権、男子シングルは同点でライサチェックとウィアーが並んで、フリーの得点で優勝がライサチェックに...新ルールになって、小数点以下も考慮される時代に同点とは...
熾烈な戦いだったことが伺えます。

そんな熱い全米!J SPORTSで緊急放映があったとは!!
あー私としたことが( ̄^ ̄)
手元にくる月刊誌の番組プログラム一覧には、まったくふれていなかったので、チェックしていませんでした...あーなんたる不覚。

再放送が2月19日からあります。見逃さないようにしなくては!!
ちなみに欧州選手権の模様は2月13日から放映。チェックー

結果を知りたい方はコチラ
[PR]
by uzuzun_55 | 2008-01-31 13:24 | 【フィギュアスケート】
『黄真伊(ファン・ジニ)』はNHK-BS2で
b0006749_13482293.jpg

ハ・ジウォン主演『黄真伊(ファン・ジニ)』がNHK-BS2での放映が決まりました。
BS2のサイトに載っています。

●4月6日(日)21:00~22:00 (全24話) たぶん字幕

映画版ではソン・ヘギョが演じています。
衛星劇場では来週から放映開始のようですね(私は加入していないので見られません)。
映画版のソン・ヘギョより、ドラマのハ・ジウォンの方が演技評価は高いようです。私はまだ見ていないので、何とも言えませんが、前から見たいと思っていた作品なので楽しみです。
ちなみに、ドラマではキム・ジェウォンも登場しています。

【内容】天性の舞踏の才能を開花させ、自ら芸妓の世界に足を踏み入れた少女チニ。厳しい師匠との確執、ライバルとの競い合い、そしてチニに思いを寄せる男たちとの悲恋……苦しみの中で、チニは真の芸の道を究めていく。
16世紀朝鮮王朝時代に実在した芸妓ファン・ジニ。差別や偏見の多かった時代に、芸の道を追求し本音で生きた一人の女性として、彼女の人生を新たな視点で描き、韓国でも高い評価を受けた作品。主演は、「チェオクの剣」のハ・ジウォン(NHKサイトより引用)

2006年の作品。
脚本は「不滅の李舜臣」のユン・ソンジュ氏、演出は「花より美しい」のキムチョルギュ氏です。
[PR]
by uzuzun_55 | 2008-01-24 13:55 | 韓国ドラマ情報
韓国映画『カンナさん大成功です!』
b0006749_1215136.jpg今年初の映画レビューは『カンナさん大成功です!』(原題:美女はつらいの)です。いやぁ~めっちゃ面白かったです!時間をみつけて劇場へ行ったかいがありました。久々の韓国映画!という感じです。監督キム・ヨンファ、脚本キム・ヨンファ&ノー・ヘヨン。主演 キム・アジュン、チュ・ジンモ

【あらすじ】身長169cm・体重95kgのダイナマイトボディを持つカンナ(キム・アジュン)。彼女は唯一の取り柄である美声と歌の才能を活かし、スター歌手の“ゴースト・シンガー”をしている。スポットライトのあたらない裏方でも、想いを寄せるプロデューサー・サンジュン(チュ・ジンモ)に会える仕事を楽しみにしていたカンナだったが、偶然にもサンジュンの本音を聞いてしまう。「才能があっても美貌はないカンナなど、せいぜい利用すればいい」決定的な現実を突きつけられた彼女は、命がけの“全身整形”を決意するが…(公式サイトより引用)

まず、主演のキム・アジュン嬢。初めて見る女優だわと思っていましたが...なんと、『海神』の女性護衛兵ハジンだった!!えっと映画見終わってパンフレット見るまで気がつきませんでした(汗)それくらいカンナ役にとけこんでました。
そして何より、劇中の歌を実際にキム・アジュンが歌っていることにも衝撃!めちゃくちゃ上手いです。当初、監督は吹き替えを予定していたそうですが、アジュンがとてもうまくて急遽実際に歌わせたとか。セリフの声もかわいいし、スタイル抜群。本当にナチュラル・ビューティです。

このカンナ役のオーディションでは、「整形をしていないこと」が条件だったそうで、こぞってトップスターが落選したとか...でも変身後のカンナは作られた美しさでもいいような気がしました。その方がリアルだった気がします。

おデブのカンナもキム・アジュンが演じ二役だったわけですが、この特殊メークがすごい。4時間かけて作り、さらに1時間かけておとすそうです。真夏の韓国。想像するだけでも過酷だったことがうかがえます。私はおデブのカンナの方が好きだったなぁ

さて、映画の内容ですが、言わずと知れた整形大国の韓国。よくぞこのテーマで作ったなぁ...と思いました。原作は鈴木由美子氏の漫画ですが、私は読んでいません。想像するに、きっと映画の方が完成度高いんじゃないかなー素晴らしい作品でした。

整形を否定もしないし、肯定もしない。重要なのはきちんと”自分自身に向き合う心”だよ、というメッセージがズシズシ伝わってきて、ラストでは号泣でした。単純なストーリーなんだけど、琴線にふれまくりの作品でした。

監督のキム・ヨンファ氏はイ・ジョンジェ主演の『オー・ブラザーズ!』を作った方であり、笑いの中にもキッチリと社会問題のメッセージを含ませているのはさすがです。ちなみに、サンジュン役にジョンジェへオファーがいったそうですが、スケジュールがあわなかったとか。うーん、ジョンジェのサンジュンも見てみたかったわ。
その代わりと言ってはなんですが、カメオ出演で『オー・ブラザーズ!』で共演したイ・ボムス、リュ・スンス、イ・ウォンジョンが魅力的に演じています。

コンサートシーンも迫力あったし、小道具一つ一つこだわっているのも画面を通してよくわかります。コメディなんだけど、涙もでちゃう、そんな素敵な作品です。

是非、多くの人に見てほしいなぁ。大好きな作品です。
[PR]
by uzuzun_55 | 2008-01-22 12:46 | 【韓国シネマ】
寒いときには...
b0006749_12542641.jpg
最近、めっきり寒くなりましたね(+_+)
パソコンを置いている部屋があまりにも寒いので(夏は暑すぎる)、更新が怠ってしまっている今日この頃です。そして何故か寒いときに一層恋しくなるのが韓国料理!

都内でも店舗が多数増えつつある「チェゴヤ」に先日行ってきました。
左から、トッポギ、豚三枚肉、ニラチヂミ、冷麺(食べかけの画像です、すみません)
どれもとても美味しかったです。
本国ではこんなに高い値段ではないのに...とか、キムチが有料か...とか
ぼそぼそ言いながらも美味しく堪能してきました。

偶然、お店で流れていた有線にソン・シギョンの曲が流れて、思わず声をあげてしまったのですが、店員さんは日本人で何も反応してくれませんでした...くぅ(>_<)

お店のサイトはコチラ⇒韓国家庭料理のチェゴヤ
[PR]
by uzuzun_55 | 2008-01-17 13:04 | グルメ
コン・ユ 入隊
b0006749_13143551.jpg
私の好きな俳優がまたひとり、入隊しました。朝鮮日報
先週、チョナンカンで元気な姿を見たばかりでしたが、とうとうこの日がきたんですね...
くしくも今週から『コーヒープリンス1号店』がBSで放映されるというのに!
元気な姿でまた2年後に会えることを願って...ドラマを楽しみたいと思います。
[PR]
by uzuzun_55 | 2008-01-17 12:20 | 【韓国エンタメ】
韓国ドラマ『ファンタスティック・カップル』
b0006749_11355078.jpg
ハン・イェスル、オ・ジホ主演のラブ・コメディ『ファンタスティック・カップル』(原題:幻想のカップル)
このドラマ、面白かった~久しぶりに大笑い(^^)BSジャパンで視聴(『雪の女王』の後番組ね)。

【あらすじ】豪華クルーザーから海に落ち、記憶喪失となった超セレブで高慢な人妻アンナ(ハン・イェスル)。かつて彼女に何度もひどい目にあわされた小さな建設会社を営むチョルス(オ・ジホ)は、偶然にも記憶を失ったアンナを発見。復讐のために彼女を家に連れ帰り、3人の甥の世話や家事をやらせるが、結局はアンナにふりまわされてしまう。一方、記憶喪失でもわがままっぷりは健在のアンナだったが、チョルスや素朴な田舎の人々と触れ合ううちに、人間不信だった彼女に変化が・・・。(公式サイトより引用)

サンシル(ハン・イェスル)のキャラクターがとても魅力的。新しい分野!?
自己中心的でめっちゃわがままなんだけど、憎めなくて、かわいくて、どこか不安気で...これには子供の頃の人間不信の経験があってなんだけど、これはアンナの話。サンシルとしては、正直で裏表がなく、思ったことは直球勝負。高飛車な性格は一緒でも過去の経験を知っているのと知らないのではこう違うのね...と胸打つものもありました。

帰国子女のハン・イェスルはハマリ役でしたね~
ジャージャー麺を食べる姿やマッコリを美味しそうに飲む姿など、とても愛らしかった。
美人がここまでするかーという意外性も良かった。時々キム・ヒソンにも見えてしまったのだけれど。似てますよね?整形のせい!?(^-^;;

チョルス役のオ・ジホは『新入社員』以来でしたが、こっちの役の方が合ってますね~
あの生活力!そしてネットワーク力の凄さ!(これ、笑えました~)すごく頼もしい。
本当の男らしさって、こういう人かなーと。お金や権力とは関係ない特別な力を感じました。
チョルスは花束(ユギョン)のような女性が理想だったわけで、サンシルとは正反対。高慢にみえても本当は強がっているだけで、寂しがりやで純粋なサンシルに次第に惹かれていく過程も良かったな~
なので、最後にはもっと二人のラブラブシーンを見たかったかな。かなり笑えそう(^^)
ビリーはちょっとかわいそうだったけど...仕方ないですね。

ロケ地の南海は確か『12月の熱帯夜』でも使われていましたが、すっごく田舎でしたよね?チョルスの家、外観がとてもオシャレだったし、高級そうな!?リゾートホテルもあるんですね~

とても楽しめたドラマでした。オススメです~
[PR]
by uzuzun_55 | 2008-01-11 12:03 | 韓国ドラマ・は行~
『朱蒙』(チュモン) 放映再開...
BSフジで放映中の『朱蒙』
年末年始があけて第36話が放映されました。

が、しかし!!!
なんとソン・イルグク演じる主人公のチュモンの声が変わっていたんです!!
(あ、イルグク氏結婚チュカエ~)
大人になったチュモンを表現するため!?
やっと吹き替えになれてきたのに...違和感ありすぎます。

吹き替えなんて嫌だーーーといいつつ
やっぱりドラマは見たいし...と葛藤し
何とか毎週楽しみにする気持ちになってきたのに...

さらに、エンディングの「愛よぉ~そーらを~」て、意外と気に入っていたのですが
これまた曲が変わっていて...

あぁ、やっぱりフジテレビのやることって、ホントマヌケだわ。

来週からは他局で同時間枠にタルジャが始まるので、チュモンは金曜の再放送でチェックだな~
[PR]
by uzuzun_55 | 2008-01-10 12:38 | 韓国ドラマ情報
韓国ドラマ『雪の女王』
b0006749_12443264.jpg完走してからずいぶん時間がたってしまいました。ヒョンビン&ソン・ユリ主演『雪の女王』感想です。昨年BSジャパンで視聴しました。
本国では2006年11月に放映されました。監督は『ごめん、愛してる』のイ・ヒョンミン、脚本は『冬のソナタ』のキム・ウニとユン・ウンギョン。アンデルセン童話をモチーフにしたピュア・ラブストーリーです。

【あらすじ】貧しい家庭に生まれ、サラリーマンになって大切な家族と幸せに過ごしたいという夢を持っていたハン・テウン(ヒョンビン)は、数学の才能を見出され“天才”と脚光を浴びるが、その名誉と賛辞が彼から大切なものを奪っていった。高校を中退し、三流のボクシングジムのスパーリングトレーナーとして働いていたところ、ボラ(ソン・ユリ)と運命的な出会いをする。彼女は飛び抜けた美貌と裕福な家庭で育ったわがまま娘だが、筋無力症という難病をかかえていた。テウンとボラの凍った心が、次第に溶けはじめて…。(公式サイトより引用)

とにかく音楽が良かったです。あまりにも素敵な音楽で、映像が追いかけてくる感じ。シーンがよみがえる...といいますか。わかりきったストーリーでも号泣してしまうのは、音楽あってのこのドラマだったと断言できます。

ヒョンビンは『私の名前はキム・サムスン』で一躍大スターになったわけですが、私はこのドラマのヒョンビンの方が何倍も好きです。ハンサムでお金持ちの御曹司より、影のあるテウン役がピッタリでした。眼差しといい、セリフの発し方といい。とても良かった!!

そして、ソン・ユリ嬢。演技力の自信の無さから『春のワルツ』を断ったとききましたが(本当かどうかわかりません)、この作品では人に心をひらかない、高飛車なお嬢様役ということで、つっけんどんな下手な演技(失礼!)がかえって良かった気がします。うまくコミュニケーションをとれないところが不自然じゃなかったというか(^^; かわいいから許せる、というか。

このドラマを見はじめて、何故かMISAを思い出しましたが、監督が同じと知って納得です。雰囲気がちょっと似ています。音楽の使い方も。ありきたりの内容でも、どっぷりハマッてしまう魅力がありました。久しぶりに音楽に感動したドラマでした。

BSジャパンでは第一話冒頭の重要なシーンが抜けているのが非常に残念です。
ヒョンビン渾身のシーンだっただけに。

オマケ
[PR]
by uzuzun_55 | 2008-01-09 13:05 | 韓国ドラマ・ま行~
明けまして おめでとうございます!
b0006749_111156100.jpg
明けまして おめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

今年の富士山です↑
暖冬の影響か、やっぱり雪は少ないですね~

昨年見た韓国ドラマのレヴュー、年内にアップできなかったのが心残りでした。
今年は頑張ってエントリーあげていきたいです。

みなさまにとって良き年となりますように!
[PR]
by uzuzun_55 | 2008-01-05 11:14 | ごあいさつ