<   2007年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧
王の男
b0006749_1040793.jpg今さらながら『王の男』の感想です。
朝鮮時代の王の中で最も暴君だったといわれる燕山(ヨンサン)朝(「チャングムの誓い」第1話でおなじみですね)。今まで、韓国映画界で時代劇がヒットしたことは聞いたことがなく、さらに韓国社会ではいまだに認められていない「同性愛」を扱った作品。それが一千万人以上の観客動員を記録し(4人に1人は見た計算!?)、大ヒットしたこの映画、とても気になっていました。いったいどんなに素晴らしい内容なのかと。

【あらすじ】16世紀初頭、漢陽にやってきた旅芸人チャンセン(カム・ウソン)と相棒の女形コンギル(イ・ジュンギ)。都で時の王ヨンサングンが、妓生上がりの官女と日夜遊び呆けている噂を聞きつけた2人は、芸人仲間と宮廷を皮肉った芝居を始める。興行は人気を博すものの、一座は侮辱罪で逮捕されてしまう。重臣に「王を笑わせることができれば、侮辱ではない」と反論したチャンセンたちは、死をかけて王の前で芸を披露する。彼らの芸は王を魅了することができるのか...最下層の大道芸人が、重臣や愛妾の陰謀と策略に巻き込まれていく。

監督はイ・ジュンイク、脚本チェ・ソクファン。
韓国のアカデミー賞・大鐘賞(2006)では最優秀作品賞を始め、史上最多の10部門を独占受賞したことは記憶に新しい。

カム・ウソンの熱演、そして残忍な王の悲哀まで演じきったチョン・ジニョンが素晴らしかった。この二人の中で演じたからこそ、イ・ジュンギの中性的な魅力がいかされていると思った。

今から500年前の朝鮮王朝内部の風習や風俗、芸人たちの芸の数々などはとても興味深かった。が、しかし!!芸人が披露した内容がいっこうに笑えず...文化の違いをとても感じました。

主人公は芸人のチャンセン(カム・ウソン)。でも本当はヨンサングン(チョン・ジニョン)であり、物語の推進役は王に寵愛されるコンギル(イ・ジュンギ)かな、という印象ももちました。というのも、チャンセンとコンギルの関係がぼやけたままだからです。チャンセンのコンギルに対する思いは、友情なのか?それとも愛情なのか?はたまた師弟愛なのか?
国王や妓生出身の愛妾ノクスらのキャラクターには存分に描かれているのに、肝心のチャンセンがあいまいだったのが残念。

とはいえ、韓国映画の歴史を変えた一作であると思う。

筆者のオススメ度:★★
[PR]
by uzuzun_55 | 2007-06-30 11:04 | 【韓国シネマ】
今日の1枚
b0006749_113223.jpg
変な天気が続いているので、気分転換に旅行写真を1枚。
(といっても、このときも曇りでどんよりしていたのですが...)
[PR]
by uzuzun_55 | 2007-06-27 01:15 | バリ島
ジョンジェがコミックアクション史劇に!?
知り合いに教えてもらったのですが、何でもイ・ジョンジェ氏の次作は
コミックアクション史劇で朝鮮時代のふしだらなごろつきを演じるとか!?
本当かな~
相手役は『多細胞少女』のキム・オクビンらしい。

『飛龍伝』はどうなったんじゃ~
最近、ガセネタ多いからなぁ( ̄^ ̄)
[PR]
by uzuzun_55 | 2007-06-27 00:08 | イ・ジョンジェ
復活@BS朝日
私のイチオシ韓国ドラマ、『復活』がBS朝日で放映されます。
まだ見ていない方はこの機会に是非!私の過去レビューはこちら(ネタバレ注意!)
●7/3(火)スタート 毎週火曜22:00~22:55(再放送 毎週土曜13:00~13:55) 字幕

ちなみに、『ホジュン』の後番組は『危機の男』
まぁ、こちらはどうでもいいか。ちなみに過去レビューはこちら

『ホジュン』は佳境をむかえています。とうとう来週で完結。
名場面集の放映が決定したようです。ホジュン@BS朝日
7/2(月)~6(金)12:00~12:55
[PR]
by uzuzun_55 | 2007-06-21 11:16 | 韓国ドラマ情報
韓国ドラマ『恋するハイエナ』
b0006749_14551171.jpg
“愛はタイミングだ
絶妙なタイミングで互いの人生がドッキングする
肝に銘じよ
ほんの1秒の迷いが
愛を別れに変えるかもしれないことを”


毎回冒頭でソ・イヒョン扮するジョンウンが”恋愛の法則”みたいな(!?)
セリフを言うのですが、第10話の上記のこの言葉が一番ビビっときましたね~
まさにその通り!と。

このドラマはケーブルテレビがドラマ制作を本格的に始めた記念すべき作品。
地上波では放送規制のために表現しきれなかったものをよりリアルに、
そしてかつユーモアに爆発させた(!!)、とても完成度の高い作品(だと思う)。

韓国ドラマには珍しく下ネタ満載...じゃなかった、お色気たっぷり、笑いたっぷり
そして時にはホロリとさせてくれる人生応援歌的なドラマです。

主人公はシングル男性4人。獲物(女性)を狙うハイエナに例えられ、その本音が垣間見られます。
そんな男のバカバカしさが、何故かかわいく見えたり、応援したくなったり、女性から見ても楽しめます。

主演は、女性の扱いに不器用な初心者ハイエナにキム・ミンジョン、恋も頭脳からエリートハイエナにオ・マンソク、女好き元祖ハイエナにユン・ダフン、かっこいいモテハイエナにシン・ソンロク(ドラマ初出演)が演じています。紅一点、とてもキュートなヒロインをソ・イヒョンが好演。

DVDがレンタル開始されているので、是非ご覧ください。
笑って、泣けて、時々下ネタで...(^-^;; とても楽しめるドラマです!

筆者のオススメ度:★★★★

ネタバレってほどじゃないけど...感想
[PR]
by uzuzun_55 | 2007-06-14 14:50 | 韓国ドラマ・か行~
沖縄料理
b0006749_14382748.jpg
昨夜はフラメンコ仲間と「沖縄料理」を食べてきました。
画像↑の色がちょっと悪いのですが
左上から、海ぶどう、ゴーヤチャンプル、ラフテー、
下へいって左から、もずく酢、もずくの天ぷら、ソーキソバ
これらはほんの一部。もっと色々食べました~
特に、もずくには感激です。こちらで食べるものとは全く違うんですよね~
食感も形も。さらにこれを天ぷらにしたもの、サイコーでした!!激うま。

ここのお店は地元では有名で、いろんな人のサインもいっぱい貼ってありました。
店主が沖縄出身の方で、沖縄から材料を直接取り寄せているそうです。
私は飲まなかったのですが、泡盛もかなり多くの種類がおいてあります。
食べて呑んで、騒いで...とても楽しい夜でした。
沖縄料理はうまい!!癖になりそうな味です。

それと、こちらでは滅多にたべられない「ウベ(紅山芋)」のアイスクリーム↓美味しかった~
b0006749_14521372.jpg

[PR]
by uzuzun_55 | 2007-06-09 14:52 | グルメ
最近買ったOST
b0006749_1175296.jpg
韓国から取り寄せて購入したOSTです。といっても右端の『復活』はだいぶ前に購入済。

最近ハマッて見ている『雪の女王』(真ん中)、やはり音楽がいいですね~
シーンを思い出してウルウルしてしまいます。
『私の名前はキム・サムスン』では全くハマれなかったヒョンビン。が、しかし!!
『雪の女王』のヒョンビンはいいですーーーー儚げな表情にうっとり。

『エアシティ』はまだドラマを未見なので、なんとも歯がゆいのですが
ジョンジェの姿を思い浮かべて、聞き入っています。はやくドラマ見たい~!!
[PR]
by uzuzun_55 | 2007-06-08 01:22 | 音楽
ある素敵な日@WOWOW
まだ先の話ですが、韓国ドラマ『ある素敵な日』が8月からWOWOWで放映されます。
出演はコン・ユ、ソン・ユリ、イ・ヨニ、ナムグン・ミン
2話ずつ放映されるのが嬉しい。かつての『夏の香り』を視聴していた頃を思い出します( ̄^ ̄)
●8/30(木) スタート 毎週木曜午後7:00 (2話ずつ放送) 全16話
[PR]
by uzuzun_55 | 2007-06-04 01:08 | 韓国ドラマ情報
プラダを着た悪魔
b0006749_164222.jpg久しぶりの洋画レビュー『プラダを着た悪魔』
劇場公開時から気にはなっておりましたが、観る機会がなく、DVDで鑑賞しました。ローレン・ワイズバーガーの同名のベストセラー小説を映画化した「元気になる」作品。

【あらすじ】大学を卒業し、ジャーナリストをめざしてNYにやってきたアンディ(アン・ハサウェイ)。オシャレに興味のない彼女が、世界中の女性たちが死ぬほど憧れる仕事、一流ファッション誌"RUNWAY"のカリスマ編集長ミランダ・プリーストリー(メリル・ストリープ)のアシスタントに抜擢。しかし、それは今まで何人もの犠牲者を出してきた恐怖のポスト!ミランダの要求は、悪魔的にハイレベル。朝から晩まで鳴り続けるケイタイと横暴な命令の数々。「私って、本当は何をしたいんだっけ?」働く女性なら誰でも共感してしまう等身大の悩みを、華やかなファッション業界を舞台にゴージャス&ユーモラスに描いた、元気になる映画。

とにかく、メリル・ストリープ最高!!“悪魔”的なカリスマ編集長を見事な強烈キャラクターとして演じています。横暴編集長というイメージから想像する既存のものは”怒声”や”ヒステリック”的なものですが、それとはま逆に、眉の動きや用件だけを伝える最小限のセリフで、沈黙の威圧感...のようなものが画面から漂ってきます。さすが大女優が演じるとオーラがあります。
アンディ(アン・ハサウェイ)のサクセス・ストーリーを狙っているのかもしれませんが、これは圧倒的にミランダ(メリル・ストリープ)の映画でした。

ラストシーン、ミランダのアシスタントを辞めたアンディが「RUNWAY」があるビルの前でミランダを見つけます。新聞社へのお礼(推薦してくれたシーンも良かった)を込めて手をふるのですが、ミランダは彼女を一瞥しただけで、リムジンに乗り込みます。そして、リムジンの中でふっと微笑む、その笑顔がなんとも美しい!!

ファッションに興味のある人もない人も楽しめる作品です。
何かの壁にぶつかったときや元気になりたいときにオススメ。

残念なのが、色恋担当の男性陣がイマイチだったこと(爆)
もう少しイケメンを揃えてくれてもいいのに...(^-^;;

あ、それから、第1アシスタントのエミリーも良かった。パリ出張へかける意気込みや骨折をものともせずに松葉杖で復帰するあたりは脱帽。ミランダの後継者は彼女かも(笑)
[PR]
by uzuzun_55 | 2007-06-03 17:07 | 【映画生活】