<   2006年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧
新採点システムの裏の裏
昨夜は徹夜した筆者です。学生はツライぜぇ

さて、下記のエントリでも書きましたが、日曜深夜に四大陸選手権大会の模様がフジテレビで放映されました。フジに抗議したいことは山ほどありますが、まぁそこは大人の振る舞いを。
競技結果はニュースで知っていたので、ゆったりとした気持ちで見ていたら、なんと衝撃的な映像が!

織田信成選手のフリー
しょっぱなの3アクセルのタイミングずれて半回転となり、体勢崩し転倒。そのままリンクのフェンスに激突!しばらく立ち上がることもできない様子でした。やっと立ち上がったと思ったら、しばらく演技ができずに流すだけ。観客の拍手でなんとか復帰。3連続ジャンプを見事に決めました。これでもう大丈夫かな?と思ったら、また演技できず、15秒ほどただ流すだけでした。
見ているこちらには「もうダメか?」と思わせる雰囲気でした。(いやいやまてよ、織田くんは優勝しているはずだから、棄権はあるまい。)
そこからなんとか持ち直して、再度トリプルアクセルやストレートラインステップもこなし、最後ルッツかな?シングルになりはしましたが、最後まで演じきっていました。まさに気合の滑りでした。

キスクラの織田くんは悔しそうにしていました。
で、採点が表示され...あれ?あれぇ~?かなり高い得点。
スコアはこちら
普段と大差ない得点がでているんです。???
スピンを抜いて、冒頭のこけたアクセルは無得点。他の選手より要素が最低2つは少ないんです。それでこの高得点はなに??途中演技中断しているのに、8点出している審査員もいる(驚)。や、別に織田くんを責めている訳ではなく、高得点は嬉しいけど本人は納得しないだろうなぁ、と。
まぁジャンプの加点がついたり、レベルが良かったりしたら、こうゆう結果もありなのね~とかなり驚きました。これは新採点システムのもう一つの顔だわ!と思いました。
この演技内容だったら、旧採点システムでは絶対に優勝できなかったと思う。

新採点システムになって、選手のみんなは要素をこなしていかなくてはならず、神経質になっていますが、おおくずれしても望みがある、ということが実証されました。
けっこう盲点だと思うな~
[PR]
by uzuzun_55 | 2006-01-31 19:16 | 【フィギュアスケート】
四大陸選手権
恩田美栄選手、本田武史選手の欠場(二人とも引退)でガッカリしていた四大陸選手権ですが、男子SPで織田信成選手が首位にたったようです。頼もしいですね〜オリンピック代表落ちしてもふてくされることなくモチベーションを維持しつづけていくことは難しいと思います。立派です。
この大会の模様はフジテレビで放映されます(BSにしてほしかったわ)。

四大陸選手権大会[1月23日(月)〜29日(日) アメリカ・コロラドスプリングス]
放映予定:フジテレビ 1月29日(日) 24:15〜 25:15

ちなみに先日まで行われていたヨーロッパ選手権はJSPORTSで2/6〜見られます。
[PR]
by uzuzun_55 | 2006-01-27 20:55 | 【フィギュアスケート】
韓国ドラマ 今後の放映予定
まだまだ熱いです、韓国ドラマ。未確認情報ではありますが、忘れないように記しておきます。

LaLa-TV『勝負師』:2/4(土)19:00〜
     未見。日本初放映!ソン・スンホン主演です!

・BSフジ『グリーンローズ』 :2/8〜予定 (水)20:00〜21:20
     未見。コ・スくん主演のサスペンス・ラブストーリー?!

・BS日テレ『ラブレター』:2/20〜予定 (月)21:00〜21:54 (視聴済)

・TBS『バリでの出来事』 :2/7〜予定 (火〜木)深01:29〜深02:35 (視聴済)

・tvk『威風堂々な彼女』:2/7〜予定 (火)22:00〜22:55(視聴済)

NHK-BS2 『グッキ』 :4/6〜 (木)22:00〜23:00

・『ラブストーリーインハーバード』4月〜
     キム・レウォン来日情報から
[PR]
by uzuzun_55 | 2006-01-26 18:08 | 韓国ドラマ情報
『威風堂々な彼女』がtvkで!
なんとタイムリーな!下記に絶賛レビューをしたためた『威風堂々な彼女』がtvk(テレビ神奈川)で放映されます!パチパチ〜!!現在放映中『ドクターズ』の後番組です。カットは多いと思いますが字幕なので良しとしましょう。まだ未見の方は是非ご覧下さい(関東圏じゃないかたはごめんなさい)。

威風堂々な彼女@tvk : 2006/02/07〜予定 (火)22:00〜22:55
[PR]
by uzuzun_55 | 2006-01-26 17:36 | 韓国ドラマ情報
ぺ・ドゥナ最高!『威風堂々な彼女』
b0006749_1345352.jpg

全20話、視聴完了!DVDをかりてきて一気に見ました!久しぶりに食事することも忘れ一気見したドラマです。最高に良かったです。マイベスト5に入るかも。

内容が特別新鮮味があるわけではありませんが(出生の秘密があったり...)、それを感じさせない魅力的なドラマでした。「ぺ・ドゥナ最高!」この一言につきます。特にぺ・ドゥナ(ウニ)とシン・ソンウのコンビがいい!はじめはソンウ氏が藤岡弘、に見えて仕方ありませんでしたが(笑)
”ペ・ドゥナ、カン・ドンウォン共演のラブ・ストーリー”と思っていましたが、そうではありません。泣きあり、笑いありの家族愛ドラマ、とでもいいましょうか。辛いことが多くても持ち前の明るさで困難を乗り越えていく主人公のウニに目が離せません。
全ての出演者、みなさん良かったです。妹役のキム・ユミ(「ロマンス」の姉役)も良かったです。悪役(?!)ぽい役どころを見事に演じています。美人ですしね。

このドラマを見ると自然と「頑張ろう!」と思えます。不思議な力を与えてくれます。もっと語りたいけど、とり急ぎ感動をお届けします(笑)
超おすすめのドラマです!!!
[PR]
by uzuzun_55 | 2006-01-25 14:03 | 韓国ドラマ・あ行~
パク・シニャン氏来日に想う
b0006749_125243.jpgとうとう来日されましたね、シニャン氏。羽田空港では1200人を超えるファンで埋め尽くされていたとか。今年、成田、羽田両空港に来日した海外芸能人では、米国のバックストリート・ボーイズの約1000人を上回る最大の出迎え数で、ハリウッドのトップスター並みの光景だったそうです(日刊スポーツより)。

私がブログを始めた頃、まだ日本では無名だったシニャン氏ファンのみなさんとの交流が主でした。韓国でのドラマ『パリの恋人』の評判を聞き、輸入版DVDを購入してハマったのが昨日のようです。その頃は来日されるのが夢でした。とうとうこの日を迎えたんだなぁと思う反面、どうして今なのかな?とも思います。映画『犯罪の再構成』が公開されるときの方がインパクトあったんじゃないかなぁ〜
あんなに熱くなっていた自分がこうして冷静でいられるのは何なのか。うーむ。
何はともあれ、私はファンミには参加できませんが、行かれる方、楽しんできて下さい。

と、書いていたら、『笑っていいとも!』にピ(Rain)が最後にちょこっと出てきました〜ビックリ!「こんにちは」だけ言ってエンディング〜あうう。
[PR]
by uzuzun_55 | 2006-01-25 13:02 | ・パリの恋人
初雪
b0006749_15274575.jpg

土曜日(1/21)は数年ぶりの大雪でした。こんなにまとまった雪を見たのは久しぶり。
雪は大好き。でも交通機関がパニックになるので、都会では嫌われていますね...
[PR]
by uzuzun_55 | 2006-01-23 15:29 | 時事ネタ
チャングムがアニメ化&グリーンローズ
『チャングムの誓い』が韓国でアニメ化され、日本に輸出されるニュースは昨年末に知りました。朝鮮日報
放映が決まったようです。4月からNHK-BS2です。
あまり期待はしていないのですが。どうなんでしょう。

アニメ『チャングムの夢』4月〜NHK-BS2(土曜)19:30

ついでに、現在BSフジで放映中『窈窕淑女』の後番組は『グリーンローズ』のようです。コ・スくん主演が続きますね。しかし残念ながら2/2に入隊が決まったようです。
ところで、『窈窕淑女』は『やまとなでしこ』のリメイクですが、後半まったく違う内容なんですね。隔週でみていたので、ちょっとビックリしました。
[PR]
by uzuzun_55 | 2006-01-20 22:44 | 韓国ドラマ情報
遅すぎる直木賞
東野圭吾ファンとしては、このニュースを取り上げない訳にはいきません。
直木賞に東野圭吾氏

実に6回目の直木賞候補での栄冠です。遅すぎます...
今更...という感が否めません。
というのも、芥川賞は新人賞。直木賞は「プロでもやっていけるよ」賞だからです。
芥川賞をとっても、鳴かず飛ばず作家が多いのはその為です。それに比べて直木賞は作家としての「太鼓判」をもらう訳ですから、その後も活躍されているのは当然ですよね。
ということをふまえますと、今回の東野氏の受賞は遅すぎます。
東野圭吾氏の活躍は周知の事実。今更「君はプロの物書きになってもいいよ」と太鼓判おされてもねぇ。はっきりいって円熟の域に入っていますよ。最近の氏は。もっとはやくに受賞されるべき人なのです。
ミステリファンの方々には「やっとか...」と思われていることでしょう。おめでたいニュースではありますが、ちょっと複雑です。

ちなみに受賞作品の「容疑者Xの献身」は購入済ですが、未読です。
[PR]
by uzuzun_55 | 2006-01-18 13:27 | 時事ネタ
輪舞曲〜RONDO〜#1
竹野内豊、チェ・ジウ主演のTBSドラマ『輪舞曲』はじまりましたね。
ちょっとレヴューが遅くなりましたが、話題のドラマなので私の感想を。

初回は2時間以上の特別放映。長かった。でも飽きることはなかったなぁ。
面白かったです。
竹野内くんはやっぱりかっこいい。良い役者になりましたね〜
チェ・ジウもかわいい。脇を固める役者陣もいい感じでした。
子犬のジャスティスも!
個人的には溝口がロケ地になっていて、気になりました(笑)
それと、斉藤陸太くん演じるヒデがショウ(竹野内くん)を「オッパ〜」と呼ぶのが、非常に違和感ありました。おそらく、みなさんそう感じたのではないでしょうか。普通は「ヒョン」ですよね?
画面が暗いのと、カメラワーク(回しすぎ!くるくる〜)も気になった場面かな。
内容はどこかで見たような感じがしないでもありませんが、まぁ、よしとしましょう。今後の展開に期待。

まさか、とは思うけど予想。
[PR]
by uzuzun_55 | 2006-01-18 12:32 | 韓国ドラマ情報