<   2005年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧
初めてのMac
『チャングムの誓い』が最終回を迎え、寂しいやら嬉しいやら(後日、ゆっくり感想書きます~)。感動に浸っている間もなく、今週末は知恵熱が!
先週末から4連続、つまり一ヶ月間の全ての週末は大学に捧げます。あぅぅ。しかも、使い慣れていない(というか、ほとんどお初状態)、Macくんと戦っています。

Win人生約15年?!そんな私はMac に恐怖感を抱いていましたが、使ってみると、意外と簡単。PhotoshopとIllustrator専用機とみれば、怖がることなかったな~とってもシンプルな印象です。Winの方がよっぽど不親切に思えてきたわ。
UNIXにいたっては言わずものがな。まぁ当然か。

ところで、Macを持たずに卒業って出来るのかなぁ...素朴な疑問。
[PR]
by uzuzun_55 | 2005-10-29 22:29 | 時事ネタ
CINEMART 六本木
先日の「コリアン・シネマ・ウィーク2005」の会場でもらってきたパンフから嬉しい情報が!

2006年陽春、東京・六本木にアジアン・エンタテイメントの《情報発信型》
ミニ・シネコンが誕生! 4スクリーン完備、だそうです。

詳しくはこちらへ→Cinem@rt

現在、19作品ラインナップされています(^^)嬉しいですね~
ちなみに「ダンサーの純情」は2006年GWに見られそうです。
[PR]
by uzuzun_55 | 2005-10-27 17:14 | 【韓国シネマ】
或る日のランチ
b0006749_16502323.jpg

近所のイタリアンなお店。お洒落なランチプレート~
英字新聞をひいているところにセンスが光る。
[PR]
by uzuzun_55 | 2005-10-27 16:51 | グルメ
台風太陽
b0006749_10185278.jpg

知り合いからチケットを譲って頂き、見てきました『台風太陽』(韓国封切:2005年6月2日)
銀座ヤマハホールで開催された、コリアン・シネマ・ウィーク2005の初日です。主催が韓国大使館 韓国文化院なためか、韓国語があちこちで飛び交っていました。席も満席でした。
今年のコリアン・シネマ・ウィークは女性監督特集です。

『子猫をお願い』のチョン・ジェウン監督が、今度はインラインスケートに情熱を注ぐ男の子たちのさわやかな青春群像を描いています。たぶん、今までの韓国映画には無かったものだと思います。

あらすじ...
見かけは平凡で内向的な高校生ソヨ(チョン・ジェウン)は、学校生活になじめないけれど、平凡に暮らしていた。インラインスケートを始めるようになるソヨは公園の隅で一人で練習をしていた。公園のまん中でスケートをするグループに会い、格別に華麗な妙技を見せるモギ(キム・ガンウ)のスケーティングに魅了される。そして、ソヨは、親しく話しかけてきたハンジュ(チョ・イジン)の紹介でインラインチームに合流する。
 平凡生活が一変、事業失敗(?!)で家を出てしまった両親。一人残されたソヨはインラインスケートの世界に完全に陥いる。仲間との同居で新しい人生と新しい愛、変わる自分を感じるソヨだったが...
●○●○●○●○●○●○●○●○

まず真っ先に言わせて!オープニングのアニメーションが抜群にいいです!!!
実は前日までグラフィックデザインの授業でピクトグラムを勉強したばっかりだったのです。なんとタイムリーな!!そういう目で見ると、この出だし、チョン・ジェウン監督の映像センスの良さがわかりますね~そんな感動を味わってから本編へ突入!

まずインラインスケートというもに馴染みが無い私には、この映画、とても新鮮に映りました。前作の『子猫をお願い』では、大きな声ではいえませんが、途中でウトウトしちゃったんですよね...(爆)今回は最後までしっかりと観客の心をひきつけていました。
この映画で描かれている若者たちは、どちらかといえば、反社会的な生き方をし、それゆえ一般社会とのキレツも引き起こします。しかし彼らは彼らなりに生真面目であり、インライン・スケートというものに、自分の生き方を込めているようにも見えます。チョン・ジェウン監督は決して否定的には描いていません。そのへんが今までの韓国映画とは違い新鮮に感じました。
特に主人公の高校生ソヨ(チョン・ジョンミョン)のボーッとして、優柔不断なところは、今までにない韓国映画のキャラクターで、とても自然で共感できます。日本映画の方が感性が近いかもしれません。韓国でヒットしなくても日本ではうけるのではないでしょうか。

ちなみに唯一の女性、ハンジュ役は、ドラマ「ガラスの華」のギテ妹役だったチョ・イジンです(現在BSフジで放映中の「窈窕淑女」でもチョイ役ででていますね。映画は初出演かな?)。

無名な俳優を使ったそうですが、チョン・ジョンミョンをはじめ、モギ役のキム・ガンウ、チームリーダ・カッパ役のイ・チョニ等、とても魅力的でした。役者自身が本当にインラインスケートを特訓して演じていたのも驚きです。怪我が絶えなかったことと思います。

ということで、私としては満足して家路につきました。
ひとまずご報告。

おまけ
[PR]
by uzuzun_55 | 2005-10-26 10:49 | 【韓国シネマ】
栗の木@横浜元町
b0006749_13143995.jpg先日、横浜元町にあるイタリアンのお店『栗の木』でランチを食しました。元町で美味しいランチのお店はどこかな~とネットで事前に情報収集していきました。パスタが美味しいらしい、ということで遅めのランチへ。

メニューをあまり見ず、「ランチ下さい」とオーダー。すると
・スープ
・サラダ

が運ばれ、「そろそろパスタかな~わくわく」と思っていたら
なんと、コレ↓がきました。
b0006749_1317247.jpgあちゃー今日のランチはパスタじゃなかったのか~残念っ!
でも、これも美味しい。まわりは鶏肉で中はミンチ(ハンバーグの具のような感じ)、ソースも美味しい!まぁ、評判の良いパスタじゃなかったけど、これも美味しいから良しとしよう!とモグモグ食べました。
次はコーヒーかな?と思っていたら、なんと!!!


コレがきたー
[PR]
by uzuzun_55 | 2005-10-19 13:23 | グルメ
古田選手、応援しています!
古田選手のブログにTB

パ・リーグのプレーオフ、盛り上がっていた一方、様々な問題が浮上したと思わざるを得ません。リーグ1位のソフトバンクが二年続けて日本シリーズに出場できないのは、やっぱり納得いきません。ロッテの31年ぶりの優勝はたいへん喜ばしいことではありますが、ソフトバンク関係者(ファン含め)、とても悔しい日々をおくられていることでしょう。
また、プレーオフ第3戦は歴史に残る大逆転劇として語り継がれることでしょう。

そんな中、『古田捕手、ヤクルトの来季監督就任を受諾』というビックニュースが飛び込んできた。私個人の意見としては、まだまだ現役でやれる選手なので、監督はまだ先でも良いのでは?と思っていた。
かつて野村監督が南海時代に選手兼監督をしていたこと、「やるんじゃなかった」と後々語っています。それだけたいへんな任務だからです。それを承知で快諾した古田選手、私は応援します!野球人気が低迷してきた起爆剤になるのでは?!と嬉しく思っています。
来期は神宮球場へ足を運ぼう!
[PR]
by uzuzun_55 | 2005-10-19 12:07 | スポーツ全般
ラブレター#17
b0006749_13422095.jpg東京MXで放映中のラブレター見ています。終盤にさしかかり(昨夜は第17話)、ますますウジン(チ・ジニ)が嫌で嫌ででたまりません!チョンホ様@チャングムは、とってもカッコいいのに...
役柄だから仕方ないのですが、顔を見たくないくらい嫌かも~アンドレア(チョ・ヒョンジェ)も優柔不断で見ていて「ハッキリしろー」という場面が多かったのですが、それでもやっぱりウナとアンドレアがうまくいってほしい( ̄^ ̄) ウジン、どっかに消えろーー
このドラマはウナ(スエ)目線で見ているので、もう涙、涙、の展開です。
最後はハッピーエンドになりますように...残すはあと3話。
[PR]
by uzuzun_55 | 2005-10-12 13:50 | 韓国ドラマ・ら行~
発売前のキットカット『ワイン』 と『ノアール』
以前、パティシエ高木氏プロデュースのキットカット新商品のモニターに応募したことは記事にしました。その後、なんと当選してしまいヽ(´▽`)/、本日、クール宅急便(ご丁寧に)で届きました。キットカットショコラティエ『ワイン』 『ノアール』の2箱
b0006749_1242295.jpg


さっそく開封
[PR]
by uzuzun_55 | 2005-10-12 12:29 | グルメ
窈窕淑女#1
b0006749_13122163.jpgBSフジにて始まりました『窈窕淑女』。ご存知、2000年に大ヒットした『やまとなでしこ』のリメイク版です。松嶋菜々子をキム・ヒソン、堤真一をコ・スが演じます。西村雅彦をキム次長@冬ソナ...じゃなかったクォン・ヘヒョ、矢田亜希子をパク・ハンビョル(この女優さん、チョン・ジヒョンにそっくり!)。

第1話は「やまとなでしこ」そのままの内容でした。設定は微妙に変えていますが、セリフや行動はそっくりそのまま。キム・ヒソンはやっぱり明るい役が似合いますね。根性たくましい強い女性の方がハツラツとしています。まぁ、これは前から思っていたことなんだけど(美人すぎて演技に損している感があります)。

このドラマで私が注目していたのはコ・スくん。前からいろんなところで目にしていた俳優さんですが、演じているのは見たことがなかったので、注目していました。
まず感じたのが「素朴」。パッと光るカリスマ性は感じられないけど、温かく、おだやかな雰囲気がありました。残念なのが、このドラマ、吹替えだったこと。なので違った印象になってしまっているかもしれません。先日のBS日テレ『ベストカップル』は字幕だったのに...BSフジはいっつも吹替え!( ̄^ ̄)ぷんぷん
とりあえず見続ける予定ですが、内容がわかっているので途中リタイアしてしまうかも(^^;
[PR]
by uzuzun_55 | 2005-10-06 13:26 | 韓国ドラマ情報
Happy Birthday to Song Seung Heon
b0006749_1215199.jpg

Happy Birthday♪
1976年10月5日ソン・スンホンの誕生日です。
心からおめでとう。

More
[PR]
by uzuzun_55 | 2005-10-05 14:00 | ソン・スンホン