<   2005年 04月 ( 37 )   > この月の画像一覧
『イルマーレ』空間の演技・ ウンジュの腕時計
「空間にも演技させる」イルマーレ監督のイ・ヒョンスン氏のセリフです。

演技する腕時計
アメリカ留学中の彼に電話しようとしたウンジュ(チョン・ジヒョン)がチラッと腕時計に目をやるシーンがあります。この腕時計がアップになるのですが、それがデュアルタイムの時計だったんです。2つの文字盤があって、二カ国の時刻が同時にわかるタイプの腕時計です。

この彼とは、ちょっとすれ違ってしまっており、思い悩みながら街を歩いているウンジュ。ふと腕時計を見て、「彼に電話したい」「アメリカは今何時?(おそらく早朝?)」「ためらう」「やっぱり電話したい」「確かめたい」「そして電話ボックスへ」。説明すると何分もかかってしまいそうなシーンをこの時計を見せるだけで、余計な説明を省くことができ、的確にウンジュの想いが伝わってきます。うまいです!まさに「演技する腕時計」でした。
[PR]
by uzuzun_55 | 2005-04-29 15:38 | 【イルマーレ】
しばらく『イルマーレ祭』を開催します!
おもいっきりネタバレします。未見の方はご注意下さい。
また、この映画を素直に感動できなかった方は感性が異なるようなので、ご意見無用です。
よろしく。
b0006749_15253453.gif

[PR]
by uzuzun_55 | 2005-04-28 15:26 | 【イルマーレ】
イルマーレ THE PERFECT COLLECTION 届く
b0006749_153124.jpg待ちに待った『イルマーレ THE PERFECT COLLECTION』が発売日の今日、届きました。特典がすごいです。DVDは2枚組(1枚はまるまる特典映像)。
1.メイキング映像
2.映像の編集風景(色彩のこだわりがよくわかります)
3.ミュージッククリップ
4.インタヴュー集(イ・ヒョンスン監督30分以上熱弁しています)
5.予告編、TVスポット(なんと、予告編用に広告監督がおり、映像も別撮り、雰囲気違ってます)

詳しくは後日レビューします。

More
[PR]
by uzuzun_55 | 2005-04-28 15:10 | 【イルマーレ】
君の中のブルー
明日の『イルマーレ THE PERFECT COLLECTION』発売を記念して、イ・ヒョンスン監督前夜祭~!初監督作品の『君の中のブルー』(1992年)を見ました!

b0006749_18391992.jpg監督:イ・ヒョンスン
出演:アン・ソンギ、カン・スヨン
あらすじ:ウェディングドレスを着たまま結婚式場を飛び出したユリム(カン・スヨン)は、ディスプレイデザイナー、ホソク(アン・ソンギ)と出会う。同僚となるが価値観が異なるため衝突が絶えない。ユリムが仕事のできる女性になることだけを願うホソク。しかし、ユリムは他の男との愛を選択し、彼の元を去り、結婚する。ホソクはイタリアへ留学をする。しばらく結婚と仕事を両立していたユリムだが、結局、専業主婦となっていた。そんな中ある日、ホソクから仕事をする昔のユリムの姿が映されたビデオテープが送られてくる。

一言...「やっぱり映像が綺麗!」
イ・ヒョンスン監督は美大出身なので、セットの配置や色彩に凝っていることがよくわかります。当時、最初の”フェミニズム映画”と称され数々の賞を獲得。また、主演のカン・スヨンは大女優として有名ですが、国際的な評価も高い女優さんなんですね(87年ベニス映画祭主演女優賞を受賞、89年モスクワ映画祭主演女優賞などなど)~そこまで有名とは知りませんでした。アン・ソンギ氏はもうみなさんご存知でしょうから、説明は省きます。
ただ、当時1992年にしては、時代的にちょっと斬新すぎたんじゃないかな~と想像します。おそらく、それまでの韓国映画には見られなかったであろう、美しい映像と美術セット。現代と比較すると古めかしい感じはしますが(特に化粧が!)。しかしながらセリフが多くなくても独特の存在感を出していたアン・ソンギ氏はやっぱり素晴らしいです。ひょっとしたら彼でないと、ホソクの役は出来ないんじゃないかな~と思えるくらい自然体でした。

映像の色を効果的に変化させ、主人公の心の葛藤のようなものが垣間見られ、ドップリとイ・ヒョンスンワールドにはまります。きっとこの頃は、キャリアウーマンを目指す女性が増えた頃ではないでしょうか。そういう意味でもきっと韓国の女性に共感を得られたと思います。
[PR]
by uzuzun_55 | 2005-04-27 19:14 | 【韓国シネマ】
『大変な結婚』日本公式サイト
あみさんからTB
7/23公開の『大変な結婚』、日本公式サイトがオープンしています。内容はまだ少ないですが、ピンクで統一したかわいいサイトです。続々と韓国映画の日本公開が決まって、鑑賞スケジュールをたてる必要がありますね。嬉しい悲鳴です。

【追記】こんな記事を発見
 ”キム・ウォ二、「家門の栄光2」でシン・ヒョンジュンと共演”
 『大変な結婚』の原題は『家門の栄光』ですから、この映画のパート2が製作される、ということでしょうか。人気のほどが伺えますね。
[PR]
by uzuzun_55 | 2005-04-26 20:45 | 【韓国シネマ】
ブログについて考える
ブログのエチケットってなんだろう...
WebSiteと大きく違うのはTB(トラックバック)機能ですよね。これは、いわゆる「参考文献」みたいな役割です。「参考文献」は論文でも末尾にきちんと書くじゃないですか。で、ブログになると無断でTBされ、そちらへアクセスすると何の表示もない。これってちょっと「???」と感じます。既に交流のあるブログでしたら「あぁ、見てくれたのね」と思い、何の問題もないのですが、初めて訪れてくれた人に無断でTBされ、さらに何の表記もされていないと正直「むっ」とします。
一般的にはどうなんでしょうねぇ...TB機能はアクセス上昇、そしてよりネットワークの広がりを感じるので、良い機能だとは思います。しかし、画面の向こうには「人間」がいる、ということを忘れないようにしたいものです。

それから、あきらかに私のブログを見て、記事を書いてるなぁ...と思われる時があります。別にいいんですけど、一言コメントしてくれたらいいのになぁ...と思います(笑)
[PR]
by uzuzun_55 | 2005-04-26 20:14 | 時事ネタ
『悲しき恋歌』@BSフジ
b0006749_1343140.jpg
地上波フジテレビでは今週土曜日4/30スタートの『悲しき恋歌』ですが、BSフジ版は、4/27(水曜)20時スタートです!BS組のみなさん、お間違えのないように。

このドラマ、見るかどうか迷っていましたが、とりあえず見てみることにしました。「スンホニだったら...」と、ついつい追ってしまうのは目に見えていますが...現実を受け止めよう。
[PR]
by uzuzun_55 | 2005-04-26 13:05 | 韓国ドラマ情報
『宮廷女官 チャングムの誓い』集中放映決定!
チャングムファンのみなさん、そして見逃してしまった方に朗報です!
7月に集中放映が決定!NHK最新情報に掲載されていました。
以下、記事を抜粋します。
■ BS おしらせ! (4/25更新)
  「宮廷女官 チャングムの誓い」

みなさまのご要望にお応えして
「宮廷女官チャングムの誓い」前半27話までを一挙放送いたします。
7月11日~28日の月曜~金曜、
NHKBS2にて夜8時~10時 2話連続放送(28日は 1話のみ)

詳細は追ってお知らせいたします。

[PR]
by uzuzun_55 | 2005-04-26 12:19 | ・チャングムの誓い
『マラソン』7月公開
b0006749_10243985.jpgかねてから日本公開が決まっていたチョ・スンウ主演『マラソン』。2005年7月に丸の内ルーブルほか松竹・東急系にて全国ロードショーが決定したようです。
日本版公式サイト(内容はまだ何もないです^^;)

母親役には『サラン~LOVE』のキム・ミスク。この女優さん、チャン・ドンゴン相手に素敵な演技していましたよね~ドンゴン氏のPVになりそうなドラマを脇でシメていました。そして、チョ・スンウにいたっては説明不要でしょう。名演技が見られること確実です。最近はミュージカルの仕事で忙しそうですが、スクリーンでの活躍も期待したいです。
[PR]
by uzuzun_55 | 2005-04-25 10:47 | 【韓国シネマ】
001ソン・スンホン
b0006749_13582354.jpg4/21発売日に届きました。スンホニの「001」日本仕様です。実は1999年に韓国で発売されるはずだったこのファースト・アルバムは種々の理由から発売されませんでした。2004年12月日本の韓流ブームをきっかけにこの貴重な音源は「CD」として韓国内で限定販売。今回、日本オリジナル仕様としてCDの11曲+DVD3曲で復活。
歌声はとてもソフトで「歌は苦手」といっているスンホニですが、なかなかです。幻のCDなので、若い声ですが、それでも声の良さは昔も今も変らず。ファンにはたまらないアルバムです。でもファンじゃなかったら、このありがたみはわからないかもしれませんね~
(詳しくはあえて述べませんが^^;)

More
[PR]
by uzuzun_55 | 2005-04-24 14:07 | ソン・スンホン