<   2005年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧
『ガラスの華』日本テレビで放送
ドンゴン氏ネタの連発。キム・ハヌルと共演した『ガラスの華』ですが、2/7からBS日テレで放映されることは前にもご紹介したとおり。そして、なんと地上波での放映が決まったようです。
3月末から日本テレビ。ドラマチック韓流の枠と思われます。『パリの恋人』の後番組でしょうか。これまた吹替えだとガッカリですな。とりあえずBS日テレの放映がもう少し。楽しみです。韓国では日本の放映にあわせて?!回数を減らしたそうですが、これは本末転倒。ドラマの良さがあって輸出される訳であって、輸出するために質を落とすのはいかがなものか...
ドラマ『ガラスの華』、3月末から日本テレビで放送へ
[PR]
by uzuzun_55 | 2005-01-30 14:32 | 韓国ドラマ情報
『B型の彼氏』記者会見動画
b0006749_14202068.jpgイ・ドンゴン&ハン・ジヘ主演の『B型の彼氏』の記者会見映像が下記から見られます。
「B型の彼氏」記者会見
何を言っているのかはわかりませんが、
映画のシーンがいくつか見られます。
日本公開が待ち遠しいです~
[PR]
by uzuzun_55 | 2005-01-30 14:22 | 【韓国シネマ】
手紙
b0006749_1313298.jpgパク・シニャン、チェ・ジンシル(「星に願いを」の人だったのね)主演の『手紙』見てきました!これは泣けました!まわりの人もみんな泣いていました。あまりに観客の涙腺を刺激するため韓国公開時は「催涙性メロ・ドラマ」と呼ばれたそうです。うなずけます。パク・シニャン氏の演技力は言わずものがなですが、チェ・ジンシルがここまで見事に演じているのにもビックリ。「星に願いを」は吹替えで見ているからかもしれませんが、正直、それほど魅力的ではありませんでした。この映画を見て、自分の感性が間違っていたことがわかりました。それくらい、見事な映画でした。

More
[PR]
by uzuzun_55 | 2005-01-30 13:34 | 【韓国シネマ】
韓国映画祭
今日はこれから、銀座ヤマハホールで開催されている韓国映画祭へ行ってきます。
念願の『手紙』を見てきます!若かりし日のパク・シニャン氏を大画面で堪能してきます。
[PR]
by uzuzun_55 | 2005-01-28 11:21 | 【韓国シネマ】
イ・ドンゴン休業宣言?!
b0006749_11104290.jpgイ・ドンゴンが今年一年間活動を中断するそうです。BUNKAKOREAの記事
「パリの恋人」「サンドゥ、学校へ行こう!」「ガラスの華」など出演作品が日本で相次いで放映される予定で、映画「B型ボーイフレンド」も高額で買い取られ、日本公開が決まっている。おそらく、これからもっと日本での知名度があがり人気上昇とおもわれるだけに、とても残念。今年は兵役にいくともいわれているし、次回作が見られるのは遠い日になりそう...
ちょっと残念。スンホニチングのソ・ジソプ氏も来月からの兵役が決まったようです。
[PR]
by uzuzun_55 | 2005-01-28 11:18 | 【韓国シネマ】
テレビ復活
我家のテレビが復活しました!一部のみなさん、色々情報ありがとうございました。結局、修理してもらい、しばらくブラウン管で過ごすことにしました。液晶テレビもだいぶ安くはなっておりますが、それでもまだまだ高いですからね~

今回、製造されてから5年未満の製品ということで、無償で修理して頂けました。ソ○ーさん感謝です!!出張修理+部品交換までしてもらい、タダで復活したことに感激!壊れたといって、すぐにあきらめてはいけませんね。なんせ5年もたっておりませんから。最低でも7年くらいはもってくれないと。

やっとWOWOWの全豪オープンテニスや韓ドラも見ることができます。
毎週楽しみにしていた「チャングム」、第14話が見られなくてガックリ。そんななか、詳しくレビューされているブログを発見。内容が詳細にわかって感激です。
solcov_bさんの今日のお楽しみ『大長今』別館
[PR]
by uzuzun_55 | 2005-01-24 13:34 | 時事ネタ
韓流シネマフェスティバル2005
前にもお知らせした「韓流シネマフェスティバル2005」ですが、詳細が発表されました。
詳しくはコチラを→SPOタイムテーブル
注目はなんといっても、”オープニング作品「氷雨」ゲスト来場予定”の部分。もちろんスンホニが来ることは絶対にないのですが、どなたが来場するのか楽しみです。
その他では、チェ・ジウが「冬のソナタ」後に出演した『ピアノを弾く大統領』、クォン・サンウ&キヌ・ハヌルの『同い年の家庭教師』、イ・ビョンホンの『誰が俺を狂わせるか』(「星に願いを」のチェ・ジンシルも出演)あたりが私的には注目作品。
2005年4月9日~5月27日 新宿・シネマスクエアとうきゅうにて開催
[PR]
by uzuzun_55 | 2005-01-24 13:18 | 【韓国シネマ】
Vリーグ
b0006749_123245.jpg土曜日、久しぶりにVリーグの試合を見てきた。場所は東京体育館。
第1試合JTvs松下電器(フルセットの末JTの勝利)。なんと原さんが監督してたよぉ。歳月を感じました。現役時代の華麗なスパイクがよみがえります。
第2試合はNECvs堺BZ。NEC応援団席で棒風船を振りながら声援(Aちゃんチケットありがとう)。見事3-1で勝利。堺は中垣内が監督。これまた歳月を感じました。同年代のスポーツ選手がどんどん引退してしまうと、ちょっと寂しいものありますね。

最近はほとんど見にいく機会がなかったので、全日本レベルの選手しかわからないけれど、やっぱりライブで見る試合はいい!迫力があって。私が現役でバレーボールをやっていたのは、もうはるかかなた。あまりにもルールが変わっていてビックリ(見なさすぎっ^^;)また見に行きたいなぁと思いました。
b0006749_12451764.jpg

[PR]
by uzuzun_55 | 2005-01-24 12:47 | スポーツ全般
『イルマーレ』がハリウッドでリメイク
私の大好きな映画『イルマーレ』がハリウッドでリメイクされることになりました!
innolifeの記事
韓国映画としてハリウッドで初めてリメイクされるそうです。
主演はキアヌ・リーブスとサンドラ・ブロック。
公開時期ははっきりわかりませんが3月から撮影開始だそう。楽しみですね。
でも、ハリウッド映画ってネタ不足なのでしょうか。最近リメイク多いような気がします。
[PR]
by uzuzun_55 | 2005-01-19 23:05 | 【イルマーレ】
レイクサイドマーダーケース
今週末に公開される映画『レイクサイドマーダーケース』
原作は東野圭吾著『レイクサイド』です。
この本が映画化されると知ってから、パッタリと情報がなかったので、ひょっとしてお蔵入り?と思っていたところでした。
当時、発売と同時にハードカバー買いましたよ。えぇ、東野ファンですから。
しかーし、はっきり言って読了後の感想は、「...」でした。あまり面白くない。というか、結末に無理があったような気がします。それを映画化すると聴いて、「どうしてあの作品を...」と不思議に思いました。東野ファンの私でさえ。

でも配役は豪華ですよね。トヨエツ、薬師丸ひろ子、役所広司、杉田かおる&鶴見辰吾(この二人が夫婦役とくれば、あれを思い出しますねぇ)。で、時期が悪かった。「負け犬」キャラの杉田氏が電撃結婚後、初の公の場に登場ということで、昨日の完成披露試写会の宣伝映像は全て杉田氏のコメントのみとなってしまった。どの局も映画の宣伝なし。まじかよー
この豪華メンバーの舞台挨拶映像がなし??不運としかいいようがない。

それにしても最近の東野圭吾氏は力を出し切ってしまったのか、どうも出す本ことごとくイマイチなのだ。新刊『さまよう刃』がでましたが、ハードカバーで購入する意欲が失われつつあります。『白夜行』を凌ぐ作品が見たいものです。
[PR]
by uzuzun_55 | 2005-01-19 17:50 | 読書(ほとんどミステリ)