カテゴリ:【フィギュアスケート】( 73 )
2008世界フィギュア 男子シングル
とうとう終わってしまいました。今年の世界フィギュア選手権大会@スウェーデン
女子シングルに引き続き、男子シングルも大混戦、ドラマが待っていました。
私はJ Sports Plusでの生観戦。おなじみ小林アナウンサーに樋口先生、そして田村岳斗さんが解説者に初登場です。男子は20:40から放映開始。女子のように徹夜にならなくてすみました。
b0006749_1371976.jpg

優勝:Jeffrey BUTTLE (CAN)
  [SP1位 82.10] [フリー163.07 TES84.29 PCS78.78 合計245.7]
最終滑走のジェフリー・バトル!最高の演技でした。最終グループ6人の中で唯一4回転を持っていないバトル。SP1位になっても、正直優勝は難しいな、というのが誰もが予想したこと。ところが!本領発揮のノーミス。素晴らしいスケーティングと音楽表現。大技がなくても観客を魅了させることのできる数少ないスケーターがやっと世界一の称号を与えられました。本当に嬉しいです!スケーティングの技術と芸術性が飛びぬけている選手がジャンプまで完璧にこなせば、もう敵は無い!といったところでしょうか。トリノから調子をこわしていたので、今年の優勝は本当に嬉しい(泣)
頑張ってきた姿に勝利の女神が微笑んだ瞬間でした。

2位:Brian JOUBERT (FRA)
 [SP6位 77.75] [フリー153.47 TES74.11 PCS79.36 合計231.22]
ヨーロッパ選手権のときは何だったの?というような復調ぶり。流石です。最終グループは何となく悪い流れが漂っていましたが、元世界王者にはそんなの関係ありませんでした。しっかり場の空気をよんで4回転を1度にとどめ、しっかりまとめてくるあたりは場慣れしている証拠。演技にもオーラを感じました。演技終了後には勝利を確信していました。
しかし、優勝することはそうたやすいことではなく、最終滑走のバトル演技を見ながら顔面蒼白になっていく姿が映っていました。油断が優勝を逃しました。

余談ですが、フィギュアスケートは大技を決めれば良いってもんじゃないです。
基本はスケーティングだと思っています。ジュベールはバトルを甘く見すぎていましたね。

3位:Johnny WEIR (USA)
 [SP2位 80.79] [フリー141.05 TES67.21 PCS73.84 合計221.84]
ジョニ~!!銅メダルおめでとう!!本当に嬉しい(泣)
今までメダルを手にしていなかったことが不思議です。
全米選手権に引き続き、4回転へ挑戦。両足着氷にはなったものの、無難にまとめて素晴らしい滑りを魅せてくれました。残念ながらトリプル-トリプルが入れられなく、本来のスケーティングではありませんでしたが、この大舞台で最後まできっちりまとめられたこと、昨年までとは違う、強いジョニーが今年は見られて、本当に嬉しかった。今季からコーチのズミエフスカヤ、ペトレンコと一緒に頑張ってきたことが報われましたー本当に嬉しい!

Daisuke TAKAHASHI (JPN)
 [SP3位 80.40] [フリー139.71 TES64.15 PCS76.56 -1.00 合計220.11]
優勝候補の筆頭だっただけに4位という結果は残念ですが、優勝をとりにいってのミスだったので、高い次元での勝負。高橋選手を目指してくる時代がきました。そして滑走順の影響がでてしまいましたね。後にすごい選手たちが控えていたので、4回転を2回、どうしても決めておきたかったのでしょう。優勝をとりにいくということはこういうことなんですよね。
さらに、最後のジャンプを無理やりコンビネーションにしたことでノーカウント。冷静さを失っていました...悔やまれる大きなミスでした。
今大会は今までと違って、男子シングルが最後の種目となりました。普通は女子が最後。なので、現地入りしてからずいぶん時間がたってしまったり、本番リンクで練習できなかったりと慣れないことづくしだったのでは、と想像します。本人も調子がおちていってしまったと言っていましたしね。試合をピークにもていく強さも必要。優勝って本当に難しいな、と実感です。
でも確実に世界トップスケーターの一人なのですから、今後も大いに期待しています!
来季のプログラムも楽しみです。

5位:Stephane LAMBIEL (SUI)
 [SP5位 79.12] [フリー138.76 TES63.04 PCS75.72 -1.00 合計217.88]
解説の樋口先生が「彼の日ではなかった」の一言が印象的でした。
ところどころでジャンプのミスが響いて、どうしても波に乗れなかった印象です。フィギュアでフラメンコの曲を使う人、とても多いのですが、お世辞にも音楽と一体になっているとはいえないものばかりでした。ところが、ランビエール選手のフラメンコはとても勉強されているようで、フラメンコの世界を唯一表現できていた選手といえます。それだけに今年はちょっと残念でしたが、彼の芸術性は誰もが認めるところ。来季も楽しみにしたいです。
とりあえず、トリプルアクセルの成功率を高めましょう( ̄^ ̄)

11位:Jeremy ABBOTT (USA)
 [SP14位 65.61] [フリー13.65 TES67.45 PCS66.20 -2.00 合計197.26]
私のお気に入り、ジェレミー・アボット選手のフリー。SPとフリーの両方でしっかり4回転を決められたこと、素晴らしかった。トリプルアクセルの失敗、ディダクション-2が痛かった。でも伸びのあるスケーティングは健在、とても素晴らしいプログラムだと思います。
第二グループでの滑走だったので、地上波で放映されたか心配。

ヨーロッパチャンピオンのトマシュ・ヴェルネル選手、SP4位発進でしたが、フリーは20位、総合15位と失速してしまいました。ジュベールやランビエールを破ってのヨーロッパチャンピオンという称号をひっさげて、目に見えないプレッシャーもあったんでしょうか。フリーではジャンプがことごとく決まっていませんでした。

小塚選手が見事8位に入る大健闘!初出場で素晴らしい演技でした。
スケーティングのうまい選手なので、上体をもっと使うことができたら、世界のトップもそう遠くないです!今後の成長、本当に期待しています。

高橋選手が4位、小塚選手が8位に入ったことで来年の日本男子の3枠をキープすることができました。女子ももちろん3枠です。

結果はコチラ(ISU)
[PR]
by uzuzun_55 | 2008-03-25 13:40 | 【フィギュアスケート】
女子フリー 浅田真央選手が初優勝!
徹夜したのは何年ぶりでしょうか。
J Sportsで女子フリーの生中継を最後までしっかり見ました。
さまざまなドラマがありました。

日本の浅田真央選手が優勝しました!昨年の悔しい2位からの有言実行。素晴らしかったです。しょっぱなトリプルアクセルを飛ぶ前に転倒。フェンスにまで流れてしまって、私も心臓が止まった一人でした。しかし浅田選手のすごいところは、その直後のトリプル-トリプルを成功させ、何事もなかったかのように最後までしっかり滑りきったところです。動揺があったと思うのですが、次々決めるジャンプを見て、つくづくすごい選手だ、と思いました。圧巻でした。

そして4位に入った中野選手の演技が素晴らしかった!!最終滑走という、とてもプレッシャーのかかる位置で、よくぞ素晴らしい演技で滑りきったなぁと、テレビの前で拍手をおくりました。最後までスピードが落ちず、笑顔もたやさず、今期最高の演技を見せてくれました。これも日頃の練習の積み重ねなんだろうな、と実感です。本当に素晴らしかった!

安藤選手は残念ながら2要素で棄権しました。足の状態は思った以上に深刻のようです。それでも観客にしっかりとあいさつし、リンクをあがって一礼する姿がとても印象的でした。会場のお客さんの拍手もあたたかいものでした。しっかり完治させて、また来期にそなえて欲しいと思います。

表彰式でスウェーデン人のコーラス隊が生歌で君が代斉唱。どの国の選手が優勝するかわかりませんから、各国の国歌を練習されていたのでしょうか。なんだか感動しました。素敵でした。
[PR]
by uzuzun_55 | 2008-03-21 12:11 | 【フィギュアスケート】
女子フリー@J SPORTS ライブ中継 観戦中
午前2:10よりはじまりました。女子フリー。
ただいま、J SPORTS Plus でライブ中継を観戦中です。
実況におなじみの小林千鶴さん、解説は村主千香さんに加えて樋口先生も登場。わくわくしてきますー

ところが残念なニュースが飛び込んできました。SPで元気のない滑りをしていた安藤選手。やはり体調が思わしくなく、フリーは棄権するそうです。公式練習も10分ほどで切り上げたそうなので、足の調子がよくないのでしょう。8位発進とはいえ、充分メダルを狙える点数だったので、とても残念です。

さて、腰を落ち着けてテレビ観戦します〜

【追記】3:25
安藤選手、フリー棄権から一転、出場するそうです。
6分間練習で状態をみてから決める、とのこと。現在、第1グループの演技が終了したところです。安藤選手は第3グループ、17番滑走です。
[PR]
by uzuzun_55 | 2008-03-21 03:01 | 【フィギュアスケート】
女子シングルSP結果
女子シングルのショートプログラムが終わりました。
演技の映像は今夜のJ Sports で見る予定です(地上波、フジテレビでも放映されます)。

浅田選手はレベルの取りこぼしが多かったようですね。それでも今期ベストスコアがでたことで、いつものようにフリーを演じれば優勝はかたいです。
SP首位にたった、カロリーナ・コストナーは、SPが良いとフリーでくずれる傾向が高い選手。しかし、パーフェクトに演じたら、いったいどのくらいの点数がでるのか想像できません。あなどれません。
安藤選手、キム・ヨナ選手も実力があるので優勝のチャンスはあります。しかし体調がちょっと心配です。特に思うように練習ができなかったキム・ヨナ選手は4分間という長い演技時間での体力があるのか...
中野選手ははじめてスモールメダルを手にしました。着実に成果がでていますね。フリーも頑張ってほしいです。

さぁ、今夜はJ Sportsで女子フリーが生中継で見られます!!
とても楽しみです。

女子シングルSPの結果
[PR]
by uzuzun_55 | 2008-03-20 11:52 | 【フィギュアスケート】
2008世界フィギュア第2日目
いよいよ女子シングル・ショートプログラムが今夜行われます。
滑走順はコチラ

日本の3選手(浅田真央、安藤美姫、中野友加里)はシードされていますので、後半グループ9での登場です。安藤美姫選手はSPの曲を変更。先シーズンのSP「シェヘラザード」で挑みます。
日本時間でいうと、今夜の22時すぎでしょうか。

全ての選手が無事に日頃の成果を出し切って欲しいです!
[PR]
by uzuzun_55 | 2008-03-19 11:15 | 【フィギュアスケート】
2008世界フィギュア第1日目 アイスダンス・CD
さぁ、いよいよ世界選手権の開幕です!
会場はスウェーデンのイエーテボリ。時差は8時間です。
今週は寝不足週間だ!!

初日に行われたアイスダンス、コンパルソリーダンスの結果です。

 1 Isabelle DELOBEL / Olivier SCHOENFELDER FRA 40.73 1
 2 Tessa VIRTUE / Scott MOIR CAN 38.71 2
 3 Jana KHOKHLOVA / Sergei NOVITSKI RUS 37.98 3
 4 Federica FAIELLA / Massimo SCALI ITA 37.15 4
 5 Tanith BELBIN / Benjamin AGOSTO USA 35.02 5
 6 Nathalie PECHALAT / Fabian BOURZAT FRA 34.82 6
 7 Meryl DAVIS / Charlie WHITE USA 34.80 7
 8 Sinead KERR / John KERR GBR 33.48 8
 9 Alexandra ZARETSKI / Roman ZARETSKI ISR 32.51 9
10 Kristin FRASER / Igor LUKANIN AZE 31.86 10
       :
18 Cathy REED / Chris REED JPN 28.16 18

うーん、いきなり波乱です!!
全米チャンピオンのベルビン&アゴスト組が転倒(>_<) 5位スタートです。
これはありえない光景です...
国際大会になれているし、安定感あるカップルなのに、練習でもしないミスを...
緊張していないと思っても、やはりワールドの重圧ってあるのでしょうか。

私が注目している若手カップル、ヴァーチュ&モイアー組は2位と好発進です。
初出場、日本代表のキャシー・リード&クリス・リード組は18位。ODとの合計が24位内に入ればFDへ望めます。たぶん大丈夫でしょう。

大会のスケジュール及び結果はコチラ(ISU)
[PR]
by uzuzun_55 | 2008-03-19 10:56 | 【フィギュアスケート】
2008世界フィギュア・テレビ放映予定
忘れないように、テレビ放映予定を掲載しておきます。
J Sports Plusでは、女子&男子のフリーはライブ中継です。
20日は徹夜かな(^o^)

ちなみに、コンパルソリーダンスはアルゼンチンタンゴです。

テレビ放映予定
[PR]
by uzuzun_55 | 2008-03-14 15:49 | 【フィギュアスケート】
2008世界フィギュアまであと4日
世界フィギュアまであと4日です。
残念なニュースが飛び込んできました。
全米チャンピオンのエヴァン・ライサチェックが世界フィギュアを棄権するそうです。
ブレードの調整中、練習で転倒し強打したようです。とても残念です...
エントリー表には、補欠だったアボット選手の名前が記載されています。
つい先日、紹介した選手ですが、四大陸で見納めかと思っておりました。ライサチェックの棄権は残念ですが、またアボット選手のフリーが見られるかと思うとちょっと楽しみです。
アメリカは層が厚い!!

さらに、残念なのがアイスダンスの優勝候補、ロシアのドムニナ&シャバリン(Oksana Domnina&Maxim Shabalin)も欠場するようです。
ユーロで優勝したので、ワールドも!!と意気込んでいたと思うので非常に残念です。
あぁぁ...今期、もう見られないなんて(>_<)
とっても素敵なFDの『マスカレードワルツ』、偶然にもアボット選手と同じ曲です。

選手のみなさん、怪我をしないよう体調を万全にして望んで欲しいです!

エントリー表はコチラ
[PR]
by uzuzun_55 | 2008-03-14 15:31 | 【フィギュアスケート】
2008四大陸選手権 男子シングル
日本の高橋大輔選手が最高得点で優勝したことは記憶に新しいと思います。
かつて「ガラスのハート」と言われていたことが嘘のように、ここ数年の躍進は素晴らしいものがあります。もともとステップには定評があったのですが、今シーズンは何と言ってもジャンプの安定感が光ります。まぁ、私が言うまでもなく、みなさんもご覧になっていることでしょう。

私の注目選手はアメリカのジェレミー・アボット(Jeremy Abbott)選手です。
b0006749_15123163.jpg今年の全米選手権で4位に入った選手です。今大会はジョニー・ウィアー選手の代わりに出場です。世界選手権は補欠ですので、今シーズン見納めなのです。

SPではジャンプの失敗で出遅れてしまいましたが(果敢に4回転に挑戦!)、FSのプログラムがとても素晴らしいのです!
アボット選手の特徴は”音にのれる”ことです。音楽の表現がとても素晴らしいです。このフリープログラムでは仮面舞踏会にのって、美しいスケーティングを披露しています。You Tube等でも動画がアップされているので、是非ご覧下さい。
それから、カナダのジェフリー・バトルの復活も嬉しかったですね。
トリノオリンピックが終わってから、何となく調子が悪そうでしたが、今大会では素晴らしい演技でした。4回転を飛んだライサチェックに勝って銀メダル獲得です。

男子の醍醐味であるジャンプを飛ばなくても、スケーティングの美しさで観客を”魅せる”ことのできる選手はバトルとアボットの2選手だったかなぁと思います。ステップとスピンだけでも充分”見たい”と思わせる演技でした。

More
[PR]
by uzuzun_55 | 2008-03-07 15:41 | 【フィギュアスケート】
2008四大陸選手権・アイスダンス
やっとアイスダンスがJ Sports Plusで放映されました。
日本ではフィギュアスケート人気なんて言われていますけど、
アイスダンスは蚊帳の外な感じ( ̄^ ̄)
スケートの花形はアイスダンスだと思うんですけどねー
日本人で有望なスター選手がでてこないとテレビで放映されない、哀しい現実です。

さて、私がジュニア時代から注目していたカップル、カナダのテッサ・ヴァーチュー(Tessa Virtue)&スコット・モイア(Scott Moir)組が優勝しました。
フリーダンスの『シェルブールの雨傘』は本当に美しいです。
スケーティングが滑らかでスピードが落ちません。

18歳と20歳のカップルながら、組んで10年というキャリアです。アイスダンスはベテランが多いので、ジュニアからシニアの大会へすんなり好成績を収めるのはとても難しいことです。応援していた私でさえ、こんなにも早く世界トップレベルに入ってきたことに驚いています。成長著しいカップルです。
今月の世界選手権が楽しみ!是非、注目して下さい。

b0006749_14302726.jpgTessa VIRTUE 1989年05月17日生まれ
Scott MOIR   1987年09月02日生まれ

これまでの主な成績
2006年 世界ジュニア選手権 優勝
2007年 世界選手権 6位
2008年 四大陸選手権 優勝

2007-2008プログラム
 OD:『Russian Folk Dance』
 Dark Eyes (Russian Folk Music)
 FD:『シェルブールの雨傘』 The Umbrellas of Cherbourg (Michel Legrand)
 EX:『マイ・フェア・レディ』I Could Have Danced All Night from My Fair Lady (Jamie Cullum)
[PR]
by uzuzun_55 | 2008-03-06 14:33 | 【フィギュアスケート】