カテゴリ:スポーツ全般( 16 )
やっぱりちょっと言わせて!星野JAPAN
北京オリンピックが終わって早5日。やはりたたきまくられてますね、星野JAPAN。あの不甲斐無い試合を見せられたら言いたくもなります。勝てば官軍、負ければなんとかよろしく、まぁ言いたい放題、全国民評論家状態。私もその一人としてちょっと言わせて頂きます!

そもそも監督の名前を前面に出して○○JAPANて、どうなの?
今大会に関して言えば、監督のネーミングつけた種目はことごとく負けてるし...
監督にカリスマ性があっても実際に戦うのは選手だ!!

やはりプロ野球ファンとしては納得がいかなかった北京の野球。
”お友達内閣”にはじまり、故障者がスタメン。なんと新井(阪神)は6月から骨折していたというではないか!?
調子の悪い岩瀬の連投。不慣れなレフトの守備をさせられたGG佐藤(でもプロなのでそんなのは言い訳にならない)、ベンチの雰囲気が時折画面に映りましたが、これがまた活気のないこと。

極めツケが予選の米国戦。あわや4アウトという前代未聞の事件。普通はコーチが気づくもの。アウトカウントもわからないコーチとは...見ていて、あきれましたわ(´∀`)ノ

帰国後の記者会見で何度も繰り返し言っていた星野監督の審判批判。ほんと見ていて情けなかった。どのチームも条件は同じはず。

一度も日本一になっていない星野監督。やはり短期決戦向きじゃないことがはっきりした出来事だったともいえる。
来年のWBCは違う監督で戦ってほしいものだ。
[PR]
by uzuzun_55 | 2008-08-29 10:57 | スポーツ全般
北京オリンピック閉幕
今月はすっかり北京オリンピックにハマッていました。
NHK地上波、NHK-BS1、NHK-Hi、同時にいろんな競技を放映するものだから、見るのがたいへん!でもそれは嬉しい悲鳴!時差が1時間しかないので、北京オリンピックはリアルタイムに楽しめました。
選手のみなさん、感動をありがとう!!

真剣勝負の裏にあるストーリーが大好きで、ニュースや新聞をみてはウルウルしていた毎日です。メダルを取った選手はもちろんですが、不本意に負けてしまった選手にも拍手をおくりたい。柔道の鈴木桂治選手、チカラ発揮できず1回戦負けでそうとうショックだったと思うのですが、選手団長として最後まで他の選手の応援に回っていました。その姿にウルウルきたり...

今大会は女性の活躍が素晴らしかった!!ソフトボールには毎試合感動させられ
”1球にこめる思い”がすっごく伝わってきました。野球も見習え、と思いますよ。
なでしこジャパンのベスト4も快挙だし、シンクロの凄まじいまでの中国との戦い。胸を打つものがありました。新体操フェアリージャパンと女子体操の五輪復帰。惜しくも決勝へは進めませんでしたが、進化している姿ははっきりと伝わってきました。

個人的に一番応援していた男子体操。見事銀メダルを獲得。中国との差は大きいものがありましたが、美しい日本の体操は世界が認める国技といっていいのではないでしょうか。

特に冨田選手の寡黙で強い男っぷりに魅せられました。個人総合のつり輪でまさかの落下(というか事故!?)、その後も奮起して平行棒、鉄棒と見事な演技で4位まで浮上したこと、目頭が熱くなりました。もし落下していなければ、絶対にメダルにからんでいたはず!でも言い訳はいっさい言わない。「幸せなオリンピックでした」と言う姿にまたまた感動!!
本当に強い人って、いい訳せず、ありのままを受け止める強さがあるんですよね。

本当にスポーツっていいなぁ...としみじみ感じた8月でした。

2016年、是非、東京で!!
[PR]
by uzuzun_55 | 2008-08-25 21:34 | スポーツ全般
美しき男泣き! 男子バレー16年ぶりの五輪へ!
一夜明けてもまだ興奮冷めやらず。
男子バレーボールが4大会ぶりに五輪出場を決めました!!
泣けた!! そして...長かった...

北京五輪男子世界最終予選第6日は昨夜、東京体育館で行われ、世界ランク12位の日本は、同6位のアルゼンチンをフルセットの末に撃破!今大会のアジア1位が確定し、92年バルセロナ五輪以来、4大会ぶりに北京五輪出場権を獲得しました。

女子の五輪出場は当然と思っていたので、良かった~とホッとしたのが正直な気持ち。
でも男子は違う。私は当初、男子は無理なんじゃないかと思っていた。まわりにも「たぶん無理だと思う...」と言っていた。それほど低迷していた男子バレー。

ところがフタをあけてみたら、ビックリ。植田イズムがここまで浸透していたのか!?と驚くばかり。初戦のイタリアにマッチポイントを握りながらの敗退にズルズルと行くかと思いきや、1戦1戦、いや1球1球を丁寧に、そして気持ちを切らずの執念あふれるプレーに目をみはるばかり。

私は6年間バレーボールをしていたので、スポーツの中でも一番良くわかる競技。それだけに、見ていてハラハラドキドキ。1つ1つのプレイがよくわかるから、その裏にはどれだけの苦労があったのかと...想像するだけで頭さがります。
さらに、植田監督や荻野選手の全盛期を知っているだけに色んな思いがかけめぐります。

声を大にして言いたい「本当におめでとうございます!」
北京五輪という大きな舞台で、存分に輝いてほしいです。
[PR]
by uzuzun_55 | 2008-06-08 12:44 | スポーツ全般
W杯!?
b0006749_1114516.jpg
パク・シニャン選手、ゴ~~ル!? 詳細はこちら

サッカーにはうとい私ですが、昨日の日本vsオーストラリア戦、負けはしましたが、よく闘っていましたよね?!最後は力つきた感じでした。反対にオーストラリア選手は1点返した後の動きがすごく機敏に見えました。野球ならプレーの良し悪しがわかるのですが、
サッカーは正直わかりません( ̄^ ̄)
[PR]
by uzuzun_55 | 2006-06-13 11:10 | スポーツ全般
世界一!
WBC初代チャンピオン!「感動をありがとう」
ただ、ただ、それだけです。久しぶりに野球で体が熱くなりました。色々ありましたが(あまりにも言いたいことがたくさんありすぎて言葉にならない!)、王監督をはじめ、30人の選手全てに「ありがとう!」といいたい。
特にイチロー!こんなに頼もしく思えたのははじめて。見る目が変りました。それに比べ松井は...(あぁこんなことは言うのはやめよう)。
MVPは松坂選手でしたが、みなんにあげたい。特に準決勝の韓国戦で代打ホームランを打った福留選手の一発が一番大きかったと思います。これがなければ優勝はなかったと思うほど、価値ある一発。さらに上原、松坂、渡辺の力投、多村のファインプレー、松中の気迫。あげればきりがない...やっぱり大リーグ経験者のイチローと大塚の参加が大きかったでしょう。大塚はチームの方針をけってまで参加してくれた。胸が熱くなりますね。あまりブログには書きませんが、昔からの野球好きです。
b0006749_1813274.jpg
Photo by 共同通信

[PR]
by uzuzun_55 | 2006-03-22 18:27 | スポーツ全般
第82回 箱根駅伝
今年の箱根駅伝は熾烈な戦いでした。よくいえばドラマチック。悪くいえば、これはアマチュアの競技ではない。あまりにも過酷でした。
競技結果の詳細は各スポーツサイトを参照して下さい。

我が母校はわりと期待されていながらイマイチな結果。
まぁ、そんなことはどうでもいい。あまりにもハイレベルでそして厳しい戦い。そんな強烈なイメージだけが残りました。
各ランナーが20キロも走りつづける。それも一時間ちょっとで。
毎年、沿道で応援して、わりとお祭り感覚で楽しんでいたのですが、ここ数年はハラハラドキドキ。選手が無事に完走できることを望むようになってきた。間近で見るとその速さに驚きます。全力疾走に近い速さで20キロ。本当にすごいスピードなんです!

今年は期待されていた選手が何名かブレーキ。
往路優勝した順大は復路でキャプテンが脱水症状。夏ならともかく、冬では普通、考えられないそうだ。一重に緊張と責任感からくるストレスが原因だとか。あまりにも過酷だ。
襷をつなげなくてはいけない、そんな責任から重度のストレスが選手をおそう。
見ていて、とてもつらかった。選手は一年間、箱根のために調整してきている。
大舞台で力を発揮してもらいたい、それだけを願う。

これだけ世間が注目する陸上競技もめずらしいと思う。
それだけ選手にとっては重いものとなってしまった。

単に楽しんで見ていた箱根駅伝もここ数年は胸が苦しい。
ついつい、選手の気持ちになって、私もスタートラインにたっている気分だ。
[PR]
by uzuzun_55 | 2006-01-06 16:11 | スポーツ全般
古田選手、応援しています!
古田選手のブログにTB

パ・リーグのプレーオフ、盛り上がっていた一方、様々な問題が浮上したと思わざるを得ません。リーグ1位のソフトバンクが二年続けて日本シリーズに出場できないのは、やっぱり納得いきません。ロッテの31年ぶりの優勝はたいへん喜ばしいことではありますが、ソフトバンク関係者(ファン含め)、とても悔しい日々をおくられていることでしょう。
また、プレーオフ第3戦は歴史に残る大逆転劇として語り継がれることでしょう。

そんな中、『古田捕手、ヤクルトの来季監督就任を受諾』というビックニュースが飛び込んできた。私個人の意見としては、まだまだ現役でやれる選手なので、監督はまだ先でも良いのでは?と思っていた。
かつて野村監督が南海時代に選手兼監督をしていたこと、「やるんじゃなかった」と後々語っています。それだけたいへんな任務だからです。それを承知で快諾した古田選手、私は応援します!野球人気が低迷してきた起爆剤になるのでは?!と嬉しく思っています。
来期は神宮球場へ足を運ぼう!
[PR]
by uzuzun_55 | 2005-10-19 12:07 | スポーツ全般
テニスは格闘技だ!
GAORAで東レパン・パシフィック・テニスの生中継をしていたので、女子シングル準々決勝を見た。なんと浅越しのぶ選手(NEC)が6―3、6―4で世界ランキング7位のエレーナ・デメンチェワ(ロシア)を破った!快挙です!

浅越選手は、日本勢として大会史上3人目、1995年優勝の伊達公子さん以来10年ぶりのベスト4に進んだのです!明日の準決勝では、話題のマリア・シャラポワ(ロシア)と対戦です。
浅越選手のストロークは素晴らしい。今日は最高のプレイを見せてもらいました。
おそらく、そうとう厳しい訓練を続けてきたんだと思う。昔のようにサービス&ボレイという形は古いんですね。先週の全豪オープンを見ていても感じました。今は技術だけではなく、強靭な体力と精神力の比重が高いです。テニスも格闘技だなぁと実感しました。
[PR]
by uzuzun_55 | 2005-02-04 18:20 | スポーツ全般
Vリーグ
b0006749_123245.jpg土曜日、久しぶりにVリーグの試合を見てきた。場所は東京体育館。
第1試合JTvs松下電器(フルセットの末JTの勝利)。なんと原さんが監督してたよぉ。歳月を感じました。現役時代の華麗なスパイクがよみがえります。
第2試合はNECvs堺BZ。NEC応援団席で棒風船を振りながら声援(Aちゃんチケットありがとう)。見事3-1で勝利。堺は中垣内が監督。これまた歳月を感じました。同年代のスポーツ選手がどんどん引退してしまうと、ちょっと寂しいものありますね。

最近はほとんど見にいく機会がなかったので、全日本レベルの選手しかわからないけれど、やっぱりライブで見る試合はいい!迫力があって。私が現役でバレーボールをやっていたのは、もうはるかかなた。あまりにもルールが変わっていてビックリ(見なさすぎっ^^;)また見に行きたいなぁと思いました。
b0006749_12451764.jpg

[PR]
by uzuzun_55 | 2005-01-24 12:47 | スポーツ全般
ドラフト
そういえば、ドラフト。
なんと、阪神タイガースが8巡目で、米国の高校を休学して日本に帰国中の15歳の辻本賢人投手を指名!ドラフト制ができた65年以降では最年少とのこと。
15歳ですよ、15歳!!!すごい。しかも、もう身長が181センチある、というのも驚き。
しかし、クジ引きのないドラフトは、なんと面白みのないものだろう。
自由獲得枠のせいですね...
ドラフト会議@アサフコム

最近では、テニス界にも14歳の森田あゆみ選手が全日本選手権でプロを次々やぶって8強入りしたばかり。恐るべしワカモノ。
森田選手8強@アサヒコム
[PR]
by uzuzun_55 | 2004-11-18 01:24 | スポーツ全般