韓国ドラマ『銭の戦争』
b0006749_21512560.jpg
『パリの恋人』から3年、パク・シニャンが3年ぶりにドラマ復帰した『銭の戦争』。韓国では30%超えの大ヒットドラマだったそうです。私は開局したばかりのBS11で視聴しました。

【あらすじ】ソウル大卒で証券会社で働くナラは妹の結婚式に婚約者チャヨンと向かうが式場には事業で失敗し借金を抱えた父親の元にサラ金たちが...
父の代わりにお金を工面するのに奮闘するナラは職場をクビになり、父親は自殺、母親も治療費が払えなく、後を追うようにこの世を去った…。サラ金からのがれ、お金のないナラはホームレスとなり、食べるものもままならない生活を送っていた。そんな中、伝説のサラ金業者トク・ゴチョルにお金を稼ぐ方法を教えて欲しいと頼み込む。

脚本イ・ヒャンヒ、演出チャン・テユ。
主演はパク・シニャン(クム・ナラ)、パク・ジニ(ソ・ジュヒ)、キム・ジョンファ(イ・チャヨン)、シン・ドンウク(ハ・ウソン)、シン・グ(トク・ゴチョル)、イ・ウォンジョン(マ・ドンポ)

えーっと、これはもう最終回につきるのではないでしょうか。
もちろん”不満”の方の( ̄^ ̄)

確かに、とても面白かったのですが、やっぱり合点いかないところが多くて...
お金に苦しめられた男がお金に復讐する、というのはまぁよしとしても
マ・ドンポ社長のお金を盗んじゃいけないよねぇ...慈善団体に寄付したとしても...

もっと痛快なドラマを期待していました。

チャヨンとウソンもなんだか中途半端なままだったし...

番外編、期待したけど内容がまったく違っていたし...

やっぱり全ては最終回の不満が残ります。



ラストーーーーー

なんとなく想像はしていたけれど、ちょっと後味悪すぎます!!
あれって、クム・ナラは死んでしまったってことですよね?
それで幕を閉じるのはちょっと期待はずれでした。

良い意味でのどんでん返しを期待していました。

何かが根本的に違うような、歯車がしっくりこないような...

主演がパク・シニャンだったから、楽しめて見られたけど(演技うまいですからね~)
あまり共感できないドラマでした...
[PR]
by uzuzun_55 | 2008-06-13 22:18 | 韓国ドラマ・さ行~
<< 鎌倉へ もうすぐ...ソン・シギョン6集 >>