韓国ドラマ 『犬とオオカミの時間』
b0006749_17225730.jpg
韓国ドラマ『犬とオオカミの時間』、WOWOWにて視聴完了しました。主演はイ・ジュンギ、チョン・ギョンホ、ナム・サンミ。脚本はハン・ジフン&リュ・ヨンジェ、演出はキム・ジンミン。

あまり期待してないで見始めたのですが、これが意外や意外。どんどん引きこまれていき、かなりドップリ浸かってしまいました。とても面白かったです。

『王の男』のイメージが強いイ・ジュンギ。このドラマでは韓国語・英語・タイ語を駆使し、得意のテコンドーでアクションもバッチリ。これまでのソフトなイメージから一新、とても男らしい面をみせてくれました。
共演のチョン・ギョンホはMISAでのイメージしか知らないのですが、これまた男らしい面をのぞかせ、好演していました。

ドラマの内容は、タイの犯罪組職に母親を無惨に殺害されたスヒョン(イ・ジュンギ)を軸に、一緒に育ったミンギ(チョン・ギョンホ)とともにNIS要員(特殊捜査要員)になり、犯罪組織とからみあっていきます。ある日、スヒョンはNISの潜入捜査要員となります。事故死として自分の過去を偽装し復讐のため潜入するスヒョン。ケイというニセの名前を名乗りバンコクの裏通りを歩き回るようになる…。
復讐がメインテーマになっていきます。

韓国ドラマによくありがちな記憶喪失もあります。でもこのドラマではとても効果的に使われていて、他のドラマとは違います。見ている視聴者だけが知っている哀しい現実。見ていてとてもハラハラします。そして虚しさも...

暴力団同士の抗争など、私にとっては苦手分野なのですが、スヒョン(イ・ジュンギ)の軽やかなフットワーク(回し蹴りなど)がとても美しく、見ていてスカッとします。なんでもテコンドーの有段者らしいですね。さすがでした。銃の構える姿も堂に入っていました。

ラストも私は納得しました。ちょっと視聴者をまどわす演出もなかなか。
お金をかけて撮影したのが伺えます。それに見合っただけの内容だと思います。
満足感たっぷりのドラマでした。
[PR]
by uzuzun_55 | 2008-05-28 17:52 | 韓国ドラマ・あ行~
<< 韓国ドラマ 『太王四神記』 韓国ドラマ 『コーヒープリンス... >>