GPS 中国大会 女子FS
SP3位と出遅れたキム・ヨナ選手がフリーではパーソナルベストを更新して逆転優勝。
予想通りでした。チュカエ~
ヨナ選手以外はほとんど全員ディダクション付き...かなり荒れた女子FSでした。
その中で大健闘した村主章枝選手!フリーは3位に入り、総合4位でした。SP11位からの逆転です。
結果はコチラ



注目していた選手について感想です。

●村主章枝(JPN)♪:オブリヴィオン
荒川さんの解説で村主選手の演技を観るということに、なんとなく緊張するのは私だけでしょうか(笑)
コンビネーションからではなく、単独のトリプルルッツから。このルッツ、eマークがついてしまいます。トリプルフリップとトリプルルッツを2回づつ入れてきていましたが(先シーズンと同じかな)ロングエッジも減点対象となっており、ちょっと痛いです。ただ、アクセルジャンプからジャンプシークエンスを加えたことは新しい試み。ジャンプの基礎点を上げられますね。ジャンプの調子があがれば、いつものスピードもでてくるでしょうし、これからも楽しみなプログラムです。ただ、スピンが思ったほどレベルがとれていないのが気になります。
それから、ムードある曲調なのに、終盤アップテンポに変って、ちょっと違和感ありました。両方ともなじんでいないようで...まぁこれは滑りこんでいけば村主選手らしい表現が期待できるかな。ロシア大会も楽しみになりました。

●キム・ヨナ(KOR) ♪:ミスサイゴンより
圧巻でした~本当に美しいスケーティング。滑らかなんですよね~
特に、トリプル+トリプルは見事でした!これほど完璧なトリプルのコンビネーションは観たことがないくらい。完璧でした。もともとジャンプは得意な選手だと思いますが、ふわっとあがって、回転も完璧、踏み切りエッジも正確。今シーズンのルール変更にも影響を受けていない唯一の選手といえます。ただ、ステップはレベル1と改善の余地がまだまだありそうです。これは後半の体力不足を予想してレベル1でもいいわ、としたのかもしれませんが。このへんは浅田選手と対照的です。

●キャロライン・ジャン(USA) ♪:アヴェ・マリア
ジャン選手も珍しく、何度も転んでいました。少し表情が堅いような気もしました。
ジュニアのチャンピオンとはいえ、やはり何か緊張感みたいなものがあったのでしょうか。まだ14歳!!とてもよい経験になったことでしょう。末恐ろしい選手です。
アメリカ大会から続けての表彰台は見事です。

●カロリーナ・コストナー(ITA)
クワンと同じ曲?
最終滑走のコストナー選手、SP首位だっただけに、残念な内容でした...
手足が長くて、とても素敵な選手なのですが、調子に波があります。ジャンプの調整には時間がかかりそうな予感。精彩がなかったですね...
次はNHK杯かな。頑張ってほしいです。
[PR]
by uzuzun_55 | 2007-11-12 17:35 | 【フィギュアスケート】
<< ジョニ~ おめでとう!! GPS 中国大会 女子SP >>