スケートアメリカ雑感
グランプリシリーズ第1戦「スケートアメリカ」のちょい感想。

プロトコルを見ると恐ろしくダウングレードの嵐...厳しいですね~
上位選手も”正しいエッジで踏み切っていない”と判定されたのか、GOEの減点が目立ちます。
これからジャンプの修正が必須になり、選手は負担が増えますな...うーむ。

私が今大会で注目していたのは、世界ジュニア優勝のキャロライン・ジャン選手。若干14歳の天才少女です。世界ジュニアの試合をたまたまCSで見ていて、おっそろしい子がいるな~と驚いていたのですが、まさか今年いきなりシニアにあがってくるとは!
技術はもちろんのこと、演技力もあるので驚愕ものです。”パールスピン”にご注目を。

高橋大輔選手、SP 素晴らしかったですね~ヒップホップダンスをそうとう訓練されたようですが、それが生きた素晴らしい振付でした。状態の使い方が去年とは別人のようです。
FS は衣装がちょっと...(>_<)
SPの貯金があったとはいえ、優勝は立派です!

小塚選手、スピードもあるし、滑りもうまい!昔から注目していた選手です。
何かが足りない。うーん、もう少しはじけてもいいんじゃないかなー頑張れ!!

ライサチェック...またもや黒オンリーの衣装...
スタイルがいいので似合うのですが、たまには違う衣装を見てみたい。

安藤美姫選手のFSのカルメン、滑り込みをしていくと、とてもよいプログラムになるのではないでしょうか。体も絞れているし、演技に磨きがかかってきていますね。
あまり好きな選手ではありませんでしたが、ここまで成果を出してきている安藤選手に脱帽です。はい。

優勝のキミー・マイスナー、まだまだ滑りこんでいないようですが、しっかりまとめてくるあたり、さすがです。フランス大会では浅田真央選手と対決ですね。

BS朝日の放映はなかなか良かったのですが
どうしてアイスダンスを放映しないのーーーーーーー( ̄^ ̄)ショックです。
[PR]
by uzuzun_55 | 2007-11-02 01:38 | 【フィギュアスケート】
<< GPS スケートカナダのテレビ... ミスターQ@BS日テレ >>