韓国ドラマ『君はどの星から来たの』
b0006749_15463054.jpg
日本テレビで放映されていた、キム・レウォン、チョン・リョウォン主演の『君はどの星から来たの』が終了しました。
このドラマは不運でした。安倍首相の辞意ニュース等の特番で2度延期にされ、毎週月曜に放映されていたのに、後半3話は別の曜日に押し込まれ、最終回にいたっては、なんと深夜の2:51に放映。番組Webサイトでしか告知していなかったので、見逃した人続出。時間変更は知っていましたが、私も見逃しました。というか、そこまでして見る気力はすでにうせていました...日テレさんも目の上のタンコブ的な扱い。打ち切りにしたかったのが見え見えです。

【あらすじ】チェ・スンヒ(キム・レウォン)は新進気鋭の映画監督。恋人を交通事故で死なせた心の傷を持つ。ロケハンの田舎で出会ったのは洗練された恋人にそっくりの、しかし、山猿のような娘ポクシル(チョン・リョウォン)。どこの星から来たかと思うような不思議な娘になぜか惹かれていくスンヒ。やがてこの娘が悲しい宿命のシンデレラだと知る―周囲の反対と闘いながら愛を貫こうとする、ラブストーリー。

ポクシル(ヘリム)役のチョン・リョウォンは『私の名前はキム・サムスン』の時とはうって変って、田舎育ちの無邪気な女性をうまく演じていて、笑顔もかわいいし、好感もてていたのですが...
回を重ねるうちに、イライラしてきまして...
とにかく感情優先で、行き当たりばったりで...何も考えていないように見えます。
なので、全く感情移入できず。
年齢のわりに子供すぎるし...
あ、これはチョン・リョウォンが悪いわけではなく、内容がね(^-^;;

キム・レウォンは相変わらずカッコ良いのですが
スンヒがポクシルに惹かれる過程が弱く...
まぁ、このへんはカットのせいかもしれませんが。
後半はラブラブモードになっていましたが、まったく共感できず...

はじめはタイトルの面白さで、とても興味を持っていたのですが、後半は失速です。
見逃しても別にいいや的なムードでした。
もう少し、どうにかならなかったのかしら~
辛口でごめんなさい。

筆者のオススメ度: ★☆
[PR]
by uzuzun_55 | 2007-10-01 16:05 | 韓国ドラマ・か行~
<< 日経新聞夕刊 『薄暮』 篠田節... フジテレビに騙された >>