韓国ドラマ『恋するハイエナ』
b0006749_14551171.jpg
“愛はタイミングだ
絶妙なタイミングで互いの人生がドッキングする
肝に銘じよ
ほんの1秒の迷いが
愛を別れに変えるかもしれないことを”


毎回冒頭でソ・イヒョン扮するジョンウンが”恋愛の法則”みたいな(!?)
セリフを言うのですが、第10話の上記のこの言葉が一番ビビっときましたね~
まさにその通り!と。

このドラマはケーブルテレビがドラマ制作を本格的に始めた記念すべき作品。
地上波では放送規制のために表現しきれなかったものをよりリアルに、
そしてかつユーモアに爆発させた(!!)、とても完成度の高い作品(だと思う)。

韓国ドラマには珍しく下ネタ満載...じゃなかった、お色気たっぷり、笑いたっぷり
そして時にはホロリとさせてくれる人生応援歌的なドラマです。

主人公はシングル男性4人。獲物(女性)を狙うハイエナに例えられ、その本音が垣間見られます。
そんな男のバカバカしさが、何故かかわいく見えたり、応援したくなったり、女性から見ても楽しめます。

主演は、女性の扱いに不器用な初心者ハイエナにキム・ミンジョン、恋も頭脳からエリートハイエナにオ・マンソク、女好き元祖ハイエナにユン・ダフン、かっこいいモテハイエナにシン・ソンロク(ドラマ初出演)が演じています。紅一点、とてもキュートなヒロインをソ・イヒョンが好演。

DVDがレンタル開始されているので、是非ご覧ください。
笑って、泣けて、時々下ネタで...(^-^;; とても楽しめるドラマです!

筆者のオススメ度:★★★★



b0006749_14573580.jpg私は最初からチョルス(キム・ミンジョン)を応援していたので、最終的には絶対にジョンウン(ソ・イヒョン)とうまくいくことを願っていました。
なんといってもキム・ミンジョンの新たな面に驚いたというか、こういう役がピッタリじゃん!!と感動。
『秘密』の彼しか知らなかったので(古っ)、とても新鮮でした。お人よしで不器用なところが、なんともじれったく、応援したくなります。

b0006749_1459568.jpgそして、イ・ジョンウンを演じたソ・イヒョン。すっごくキュートでかわいくって、見ていてとても微笑ましかった。
私が男だったら、こういう女性がいいなぁとも思ったり(^^)
『4月のキス』、『復活』では、何とも思わなかったけれど、このドラマでは魅力全開といいますか、とてもチャーミングでした。
口元がチェ・ジウに似ていますよね。あと笑う演技も(口元に細い手をあてて笑う仕草)。

はじめは、シングル男性のコメディードラマかと思って、気楽に見ていたのですが
意外や意外。けっこう完成度が高くてビックリです。
最後の方で、ソクジン(シン・ソンロク)が危篤の母親を訪れたシーンは号泣でした。
「前から全て知っていた」「私たちはお前の見方だ」とゲイである彼に話すシーンに、まさに親子愛!と感動でした。
ソクジンは「前を向いてしっかり生きて行こう」と心に誓ったシーンだと思います。

b0006749_153438.jpgユン・ダフン演じたジンサンには笑えましたね~
本当に適役でした。
生理的に受け付けない人もいるかもしれませんが(笑)、彼あってのハイエナですね。
実生活ではつい最近、結婚されたんですよね。20歳になるお嬢さんが後押ししたとか。お幸せに~


b0006749_154659.jpgジンボム演じたオ・マンソクはミュージカルスターなんですね。知りませんでした。
ハイエナの中では唯一既婚者だったようですが、ジンボムの変化もこのドラマの魅力の一つでした。
打算を捨てて、最後は本当に好きな人と一緒になるところが「良かったねー」と心から思いました。


b0006749_1542493.jpg視聴者の多くの人はソクジン演じたシン・ソンロクを応援していたのかな?
本作がドラマデビューで、抜群のスタイルからモデル出身にみられるそうですが本当はミュージカル舞台出身だとか。
なんとなく意外ですよね~


ラストも良かったと思います。
これはやっぱりコメディードラマだったんだ、と再認識したシーンでした(笑)

久しぶりに楽しんだドラマでした。
オススメで~す!!

(7/24追記)撮影時、唯一の既婚者だった、オ・マンソクssi
結婚6年目、5月に協議離婚していたそうです。
[PR]
by uzuzun_55 | 2007-06-14 14:50 | 韓国ドラマ・か行~
<< 復活@BS朝日 沖縄料理 >>