『春のワルツ』 全20話(視聴完) そしてシギョンは...
b0006749_13291797.jpg
昨夜NHK-BS2にて、『春のワルツ』がとうとう最終回を迎えました。長かった...
週1回の放映、吹き替え、カットバリバリ、と不満点はあるものの、映像の美しさは息を呑むほど!とても素晴らしいです。が、しかしそれだけでは視聴者はついてこないんでしょうね。叙情的な展開、私は好きですけど、本国ではイマイチ評判芳しくなかったようです。残念。
4月からNHKで地上波登場です。反響はいかに!?

私的にはこのドラマ、ソン・シギョンが楽曲を提供、ということでかなり注目していたのですが...
私の記憶が正しければ、「季節が戻ってくるように」(韓国Ver.)が2回、「I Believe」が1回、計3回しか流れませんでした。全20話もあるのに!!!
これって、前情報と随分違いますね。日本版は再編集されたものなので、カットされちゃったんでしょうか。哀しい~
結局、日本語Ver.も流れませんでした。重ね重ね残念です。



b0006749_13381136.jpg

結局、最後はハッピーエンドでよかった、よかった。

が、しかしドラマを見続けて、途中からイライラしたのが...
チェハがたとえチェハとして生き続けるとしても、ウニョンと別れる必要はないですよね?
事務所で働いて、自然と相思相愛になったわけですから。
仮にイ・スホであることを隠したいとしても、何の支障があるのでしょう?
ウニョンと付き合ったらスホであることがバレル、という根拠は理解できません。
いかがです?
イナの行動はあえてとりあえげる必要はないですね。問題外。
それ以前に、根本的に理解できません。

それと、ウニョン役のハン・ヒョジュさん、とってもかわいいのですが、演技力が...
吹き替えの影響も大きいのでしょうが、ちょっと単調でした...まだ若いので(20歳?)今後に期待ですね。もう少しオーラがでてくるといいなぁ。
チェハ役のソ・ドヨンさん、長身で細身。どこか影をもった雰囲気はとても合っていましたね。
泣く演技が印象的です。

それと、四季シリーズの最後だからって、前作のシーンをとりいれなくても...(笑)
これはユン監督の遊び心だったのでしょうか(^-^;;
※『冬のソナタ』と『夏の香り』から同じシーンが入っています。

ちょっと欠点ばかりあげてしまいましたが、このドラマのよさは何と言っても映像美でしょう。
前作をしのぐ素晴らしい映像でした。ロケ地の美しい映像は視覚的にとても印象に残ります。
それと、カラーにすごくチカラを入れているのがわります。
ウニョンのファッションは「イマイチ」という声をよくききましたが、ノン、ノン
バックの光と陰、そして鮮やかな色彩は、すごく凝って作られていることがわかります。
特にオーストリアの冬は暗くて重いですよね。そんな中、鮮やかな色彩の服は一見ミスマッチのようでいて、本当はとてもセンスある配色と思いました。視覚のマジックに私は「おお~っ」とうなったくらいです。色をとても大切に撮られていることがわかります。

とにかく、最後はハッピーエンドでよかったです。
b0006749_13575424.jpg

[PR]
by uzuzun_55 | 2007-03-02 14:00 | 韓国ドラマ・は行~
<< 『朱蒙』 BSフジで! 韓国ドラマ、続々と... >>