M:i:Ⅲ
b0006749_1561047.jpg久しぶりのハリウッド映画、『ミッションインポッシブル3』を見てきました。ご存知、トム・クルーズの代名詞的シリーズ第3弾です。前作のジョン・ウー監督MI2がイマイチだったため、あまり期待していませんでした。なので、見終わったときは「良かったんじゃない?」という感想です。どちらかというと、パート1のような頭脳戦が好きなので、アクションてんこ盛りには辟易しますが(映像としては素晴らしい出来です)、パート2よりは断然良かったです。

このシリーズに関しては、単なる出演者としてではなく、特別の思い入れをもって製作に参加しているトム。そのトムを見に劇場へ行くようなもの。だからといってPVのよう、なんていうナンセンスなことを言ってはダメ。それは的外れな批判でしょう。
この映画のトム・クルーズは素晴らしいです。目じりのシワに年を感じますが、それ以外はまったくもって素晴らしいの一言。身のこなしが洗練されていて、銃を構えるシーンだけでもうっとりしてくる(注:私はトムのファンではありません)。お金を出して観にいく価値はあると思います。

ただ、スパイ大作戦としてはどうなの?という思いは残ります。MI1ではイーサンハントは銃を使わず、知力と体力、そしてスパイ道具だけでミッションをこなしていくところにスリルがありました。MI1好きな私としては、知力で敵を出し抜くイーサンハントを見てみたい、と強く思うわけです。

それとMI3の特筆すべき点はヒロインが綺麗だったこと。イーサンの妻、ジュリアを演じたミシェル・モナハンのアクションぶりも素人ぽくなく(笑)カッコ良かった。ラストシーンは微笑ましかったです(たぶんありえない設定だけど)。「結婚ていいよ」と言っているようで、素顔のトムとダブりました。
あぁそれから、フィリップ・シーモア・ホフマンが悪役を演じているのですが、さすがオスカー俳優!迫力と重さのある演技でしたね。最後はあっけなく、ちょっと尻つぼみですが。ストーリー全体がちょっと尻つぼみだったかな。でも本シリーズのテーマ曲を聞いただけでワクワクしてくる方には劇場での鑑賞を強くオススメします。音楽がいいと作品の質が高まりますね。
私の中では、M:i:1>M:i:3>... M:i:2 となりました。
[PR]
by uzuzun_55 | 2006-07-19 15:39 | 【映画生活】
<< わらび餅 物欲~ 一眼レフカメラ >>