村主章枝・銀メダル@世界選手権女子シングル
b0006749_1415867.jpg

今週は風邪でダウンしていました。みなさんもお気をつけて!現在はかなり魅力的なハスキーボイスとなっている筆者です。
フィギュアスケートも世界選手権が終わって、今シーズンが終了しました。遅ればせながら女子シングルについて語りたいと思います。残念ながら今大会の放映権をとったフジテレビの放映はあまりにもお粗末で、かなり怒り心頭なのですが、そこはぐっとこらえて、来月のCS放映を静かに待ちたいと思います。ちなみに、女子シングルフリーのみ、生中継でみました。J SPORTSさんありがとうー



b0006749_14305432.jpgキミー・マイスナーの快挙...
今シーズンからシニアに上がったばかりのマイスナー選手(16)が、世界選手権初出場にして初優勝という快挙を成し遂げました。なんといっても3回転-3回転のコンビネーションジャンプを2度決めたことが勝因なのでしょう。さらに終了間近に2回転のアクセル-トウループ-ループの3連続ジャンプも入れて勢いを見せ付けた。でもなんとなく腑に落ちないのは私だけでしょうか。TESが69.74点、これは史上最高点かもしれない。PCSも5項目すべて7点台の高い評価で60.23点。でFSの得点は129.70点。これはトリノの荒川選手より高い。私は正直この得点は出すぎだと思う。確かに素晴らしい技術の持ち主。でもまだまだジュニア感が否めない。今シーズン、7点台さえまともに出したことのない選手にこの得点は...芸術点でいったら、コーエンや村主選手の足元にも及ばないだろう。それでも世界の女王になってしまう。恐るべし新採点方式。

そして、村主選手、銀メダルおめでとう!本当によく頑張ったと思います。ラフマニノフは重厚感のあるスケーターの方があっていると思うので、村主選手はどうかな...と思っていましたが、最後になってしっかり自分のモノにしていましたね。流石です。トリノよりもずっと良かった。強いていえば、見せ場のストレートラインステップでの盛り上がりがもっと欲しかったかな~これはプログラムの振付に問題があるような気もするのですが、軽快に滑る村主選手には合っていなかったような...とにかく、土壇場での集中力や安定感は素晴らしかった。4年かかって銅から銀。素晴らしいと思います。来期はどんなものを見せてくれるのか楽しみです。とにかくおめでとう!

銅メダルはサーシャ・コーエン
自滅でしたね...もったいないとしかいいようがない。徐々に集中力がきれて、最後はいつものサーシャタイマーが発動してしまって...コーエンの演技は好きなので応援していたのですが、とても残念でなりません。この屈辱をバネに来季奮起してほしい!このままでは終われないはず!

4位のソコロワは最後にやっと意地を見せてくれて本当に良かった。トリノでは不甲斐無い演技だっただけに、よく短期間でモチベーションをあげてきたなぁと感心しました。ソコロワの笑顔はほんと素敵なので、やっと見られて嬉しい。

5位は中野友加里。大健闘でしょう。初出場で5位は立派です。来年は完璧なトリプルアクセルで闘ってほしい。

女子シングルは世代交代がぐんぐんと押し寄せてくるし、毎回メダリストが入れ替わるような激戦の時代になりそうですね。来年は東京で世界選手権が開催されます。楽しみ~
[PR]
by uzuzun_55 | 2006-03-30 14:49 | 【フィギュアスケート】
<< 『私の名前はキム・サムスン』が... ランビエールが優勝@世界選手権男子 >>