衝撃!男子シングルSP滑走順
男子シングルSPの滑走順が発表になりました。なんと、高橋大輔選手が1番です!さらに驚くことに、プルシェンコが2番!バトルが5番。有力選手が第1グループにてんこ盛りです。
男子シングル滑走順
注目選手では、ランビエール(11番)、ウィアー(13番)、ジュベール(23番)、ライサチェック(26番)、最終滑走はサンデュです。これって、やっぱり最後まで眠れない~
パバロッティの「誰も寝てはならぬ」はこうゆうことだったのね。

ちなみに、今夜(明け方?!3時から)はペアのフリーです。
井上怜奈&ジョン・ボールドウィン・ジュニア(アメリカ)のSPで魅せたスローのトリプルアクセルは素晴らしかったですね。完璧でした。優勝はタチアナ・トットミアニーナ&マキシム・マリニン組(ロシア)で決まりでしょうが、2位以下は混戦!楽しみです。
[PR]
by uzuzun_55 | 2006-02-13 16:05 | 【フィギュアスケート】
<< トリノ勝手にメダル!男子シングル編 ミッシェル・クワン、負傷で出場辞退 >>