容疑者 室井慎次
b0006749_14431176.gif

早速観てきました!『踊る~』スピンオフ第2弾『容疑者 室井慎次』
第1弾の『交渉人 真下正義』とは全く違う雰囲気でした。いや、『踊る~』の全作品と比べても異色でした。監督が違う、というのがよくわかります。派手なアクションもなし、笑いもなし(スリーアミーゴズ登場のシーンが唯一笑えたかな)。本作品はどちらかといえば、警察内部の対立と法とは?!をテーマに絞り、己の正義と信念を貫き通す室井の姿に焦点をあてています。その室井を弁護する小原(田中麗奈)の活躍も見所でしょうか。
きっと賛否両論だろうな~と想像できます。
今までの『踊る~』のノリで見に行った人は肩すかしかもしれません。私は面白かったです。地味ですが、観終わった後もジワ~っときます。以下、ちょっとネタバレします。



室井慎次演ずる柳葉敏郎の演技、良かったです。深みが増しましたね。
セリフは少ないのですが、ちょっとした表情の変化が上手く、ぐいぐい引き寄せられます。それに比べて、弁護士役の田中麗奈は動きが激しいです(笑)走る走る。
二人の対称的なところがいいですね。特に喫茶店のシーンはジーンときました。ギバちゃんの演技、圧巻です。

対立する灰島弁護士(八嶋智人)、ちょっと役不足な感もありましたが、アクの強さはうまく演じていました。ラスト、あっけなくボロを出しちゃうところは、物足りない感じでしたね~

室井を後押しする現場の工藤刑事(哀川翔)が、『交渉人~』の時の木島刑事(寺島進)と重なりました。似たような服装だし(^^;ただ、哀川翔のセリフまわしって、すごく聴きづらい。木島の方が魅力的に描かれていましたね~ちょっと残念。

今回、一番変っていたのは沖田管理官(真矢みき)でした。前作では嫌な女、という印象で終わっていましたが、今回は裏で室井をサポートします。”いい人”に変身です(笑)
なんでも査問委員会で室井がかばってくれたとか。真矢みきは色気があって、かっこいいので、この役は適役ですね(色気は関係ないか^^;)
新城(筧利夫)も味方するのかしないのか、ハッキリしませんでしたが、結局最後は味方になっていましたね。室井と新城、この二人はセットな場合が多いですね。実際は明るい性格の二人がよく笑いをこらえて演じているな~と別の意味で感心します(笑)

真下と雪乃さんも結婚するし。時は流れています。

そして最後に。
最も私が気になった点を!










それは、灰島がいつも手に持っていたゲームのキーホルダー!
電車のキーホルダーでした。
あれは絶対に「伏線」だと思うのですが。
どうでしょう?!
[PR]
by uzuzun_55 | 2005-08-29 15:13 | 【映画生活】
<< ドクター・ポン スペイン国立バレエ団 >>