バリでの出来事・最終回
b0006749_10212171.jpgとうとう終わりました。昨夜(深夜)に最終回をむかえ、ただいま放心状態です。
そっか、バリでの出来事...だったな。しみじみ。以下、思いっきりネタバレしています。まだ見ていない方はご注意を!

OK?



これは無いよう...( ̄^ ̄)私の悪い予感が的中してしまった。
結末を「死」で終わらせるのはズルイ。これは私の持論です。
「いったいこの決着はどうつけるのか?」とさんざん視聴者にヤキモキさせ、それを「死」で片付けてしまうのは、あまりにもナンセンス。
衝撃的なラストなので、インパクトはある。でも、でも、これは卑怯だーーー

ちょっと冷静になって、このドラマを振り返ってみよう。
スジョン、最後はジェミンを愛していたのね。
だったら何故にイヌクとバリへ行ったのか。

このドラマ、終始、登場人物が何を考えているのか、わかりづらかった。ほぼずっとジェミン、イヌク、スジョン、ヨンジュのあてつけ行動&見栄の張り合いが続いて、すっきりしない展開。唯一、ジェミンの傍若無人な愛しかただけがハッキリしていた。
大きなエピソードもなく、どっちづかずのスローテンポ...他の韓ドラと違うのは、そういう点かもしれない。いわゆるジェットコースター的なストーリー展開をするのが韓ドラ。でも、この「バリ...」は違う。はっきりしない展開、登場人物のあいまいな行動、共感できない、それなのに見続けてハマってしまう。不思議だ。じわじわと心の奥底に訴えかけ、想像力をかきたてられるドラマ、とでもいうのでしょうか。主演俳優の3人(ハ・ジウォン、チョ・インソン、ソ・ジソプ)の演技が光っていたので、ここまで魅了できたんだと思う。
毎回「どうなるんだろう?」と深夜枠にもかかわらずリアルタイムで見続けた私は、完全にバリラバーの一員だろう。

さてみなさん、誰が誰に、どれくらい愛していたのか、明確にわかりましたか?
[PR]
by uzuzun_55 | 2005-02-10 11:01 | 韓国ドラマ・は行~
<< バリでの出来事・最終回その後 「バリでの出来事」クライマックスへ >>