ガラスの華・第1話
b0006749_1202346.jpgいよいよBS日テレで始まりました、「ガラスの華(原題:ユリファ)」
このドラマは、先週の木曜日2/3まで韓国SBSで放送されていて、その4日後にもう日本上陸。すごいことだと思います(そのおかげで2話分短縮されてしまった、という悲しい話もありますが)。ご存知、「パリの恋人」で人気沸騰のイ・ドンゴン氏、久しぶりにドラマ出演のキム・ハヌルちゃん。話題性のあった割りには、韓国での視聴率はいまひとつだったようです。それでも、神戸ロケ、日本人俳優も出演等で楽しみにしていました。あらすじはコチラへ。

私的には◎の滑り出し。次回も楽しみです。
おそらく、カットされたシーンも多いと思うのですが、”ザ・韓ドラ”的な暗さがなく(^^;)、展開がわりと早いので、見やすいです。ただ、その分、子供時代がアッサリしすぎていて、3人の絆を描ききれていない気もしました。他のドラマのように子供時代が長すぎると視聴者にとってはイマイチと感じることもありますが、このドラマは逆に短かすぎかなぁ。そこがちょっと残念。

ドンゴン氏が演ずるハン・ドンジュは子供の頃から日本人に育てられた、という設定なので、日本語の会話シーンが多々あります。恐らく、相当勉強したと思われるのですが、やはり違和感があり、正直、聞きづらいものがありました。ドンゴン氏の良さが出し切れていなく、ちょっと残念。逆に、ユミン(笛木優子)の韓国語は私から見たら、さすがだなぁ~と思うのですが、韓国人からみたら、同様に違和感あるのかもしれませんね。

まぁ、そんなこんなはさておき、ハヌルちゃん、良い味だしてます。
「ロマンス」ほどズッコケキャラではありませんが、熱血ぶりを発揮しています。
今後も楽しみ!
ちなみに、主題歌うたっているのはドンゴン氏ですよね?
やさしい歌声、すぐにわかりました。お上手でした。
[PR]
by uzuzun_55 | 2005-02-08 12:25 | 韓国ドラマ・か行~
<< 「バリでの出来事」クライマックスへ ぴあからチケットが! >>