角松敏生・ライブ
今年初のライブは角松敏生"Fankacoustics★Solid&Elastic"から幕開けです。1月30日(日)神奈川県民ホール。3階13列47番。始まる前にせっせと紙飛行機作りを。

この日の県民ホールは”満員御礼”とのこと。10分遅れでスタート。胸にラメ入り黄色長袖Tシャツ姿で登場。かなりラフな感じ。1曲目の「ultima viagem~I SEE YA」で、歌詞を飛ばす場面も(^^;氏曰く「どさまわりばかりで大ホールは久しぶりで緊張した。ここは宇都宮の10倍だぜ」みたいなことを言っていました(笑)2曲目の「真夜中模様」以降は声も良くでていて、普段通り。



アンコールは、「Take You To the Skyhigh」から。恒例の紙飛行機は20年以上も前から、とのこと。3階席から見る紙飛行機乱舞、なかなか綺麗です。

これからツアーの山場。22泊というすごいスケジュールの国内ツアーにでるそう。おそらく、地方ではライブハウスが主だと思う。大ホールよりも、間近で見られるライブハウスで聴いてみたい。

アンコールラストの曲「LIVE」が終了し、客席に電気がつき、アナウンスが流れる。ここで我々は一旦、場外へ。ところがお客さんは出てこない。ロビーのモニターを見ると何やらいつものと違う雰囲気。どのくらいの時間がたったか、席を立たない客、アンコールの拍手は続いている。県民ホールではめずらしい盛り上がり。

するとステージに灯りがともる。あわてて会場へ飛び込む(このとき、1階席に入ったので近くからステージを見ることができた。ラッキー)。
友成氏(ピアノ)と二人で「月のように星のように」。
♪またここで出会うだろう♪、ステージを指すしぐさに大きな拍手。
これでステージをさると思わせたら、ムーンウォークで戻ってくる。
1曲目を間違えたのでリベンジ!と、もう一度メンバーを呼び、「ultima viagem~I SEE YA」

「何かやってくれそう」という期待を見事にかなえてくれた角松氏。
2003年横浜アリーナでのリベンジライブが蘇る瞬間でした。


1/30@神奈川県民ホール
【MUSICIANS】
 Vo.G 角松敏生
 G. 梶原順
 B. 青木智仁
 Per. 田中倫明
 Key. 友成好弘
 Mani. 山田洋

【SET LIST】
ultima viagem~I SEE YA
真夜中模様
POLE TOWN

「角松敏生の凍結前の曲をやろう!コーナー」
飴色の街
香港街灯
花瓶

Lady in the night
トナカイの涙
Wrist Cutter
愛と修羅
WAになっておどろう
The Best Of Love
初恋
Dream'n Walkin'
What a beautiful day
ハナノサクコロ

Take You To the Skyhigh
もう一度・・・and then
LIVE

月のように星のように
ultima viagem~I SEE YA
[PR]
by uzuzun_55 | 2005-02-02 15:23 | 音楽
<< 『ひとまず走れ!』公開決定 星に願いを >>