韓国ドラマ 『ベートーベン・ウィルス』
b0006749_15103298.jpg

前から見たいと思っていたドラマ。タイミングが悪く、度々見逃しておりましたが、やっと視聴することができました。

出 演:キム・ミョンミン、イ・ジア、チャン・グンソク他
脚 本:ホン・ジナ、ホン・ジャラム
演 出:イ・ジェギュ
放送年: 韓国 MBC 2008年 全18話(字幕)

【あらすじ】
ソクラン市庁職員のトゥ・ルミ(イ・ジア)は提案した「市を音楽の町にしよう」という企画が通り、オーケストラの運営を任されることとなる。ルミは有名な音楽家を集めてプロジェクト・オーケストラを結成するが、プロデューサーにお金を横領され、そのためギャラがもらえないと知った団員たちにも去られてしまう。やむなく、ルミは音楽の心得のある市民たちをボランティアとして募り、新たなプロジェクト・オーケストラを結成し、出来るだけお金をかけずに公演をおこなおうとする。
音楽の道を断念していた警察官のカン・ゴヌ(チャン・グンソク)、主婦のチョン・ヒヨン(ソン・オクスク)、会社員のパク・ヒョックオン(チョン・ソギョン)、ソウル市響を退職したキム・ガヒョン(イ・スンジェ)などが集まり、なんとかさまになった演奏が出来るようになる。そこへルミが指揮者を依頼していたカン・マエの異名を持つカン・ゴヌ(キム・ミョンミン)が帰国する。カン・マエは高名な指揮者だったが、自他ともに音楽に厳しく、自分の意に沿わない楽団を次々と解散に追い込む楽団キラーのあだ名をつけられるほどの頑固な人物であった。(公式サイトより抜粋)

はじめは『のだめカンタービレ』のパクリなのか!?と思って見ていましたが、途中からそんな邪推は忘れ、どんどんハマッていきました。

特にカン・マエ(キム・ミョンミン)にやられましたー。あの”への字顔”は忘れられません。指揮者の役って、とても難しいんですよねー。見事でした。もう指揮者以外には見えません!
ひょっとしたらピアノも素人じゃないかも。ピアノ演奏シーンではしっかり鍵盤をとらえてました。
#実は私、ピアノは幼少時代からずっと習っていたので、けっこうシビアに見てしまいます(^^;

それから、チャン・グンソクssi!
『美男ですね』とはうってかわって、細マッチョで感情豊かな役で別人のようでした!
こうも変るのかーとビックリです。ということは、演技が上手いってことですね。

『太王四神記』でデビューしたイ・ジアssiの2作目。彼女、デビューしたばかりとは思えませんね。とっても素敵。バイオリニストって、すごく難しいと思うんですよ。おそらく相当練習をつんだのではないでしょうか。

カン・マエとルミのラブストーリーも素敵でした。
すれ違うときの手のつなぎ、指輪をあげるシーン
演出と脚本が素晴らしかったです。

クラシックに興味のない方も楽しめたと思うし、クラシックに精通した方でも満足できたんじゃないなか~と思います。カルロス・クライバー、チェリビダッケという名がでてきただけでも「おっ!?」となります。普通だったら、カラヤンでしょうから。薄くないドラマの証明です。

ラストも個人的には納得...というか、あれで良かったような気がします。カン・マエらしくて。

やっぱり音楽っていいなぁ~と心の底から感じました。
おすすめです(^^)
[PR]
by uzuzun_55 | 2011-02-19 15:47 | 韓国ドラマ・は行~
<< フィギュアスケート世界選手権、... 熱海温泉&梅園 >>