相棒-劇場版II- 警視庁占拠!特命係の一番長い夜
やっと観てきました。
前作よりも『相棒』らしい映画です。

土曜ワイド劇場に登場してからリアルタイムで視聴し続けているので、かなり贔屓目ではありますが、私はとても素晴らしい作品だと思いました。
何よりも俳優陣が素晴らしい。おじさん達の演技は一味違います。
そして、ゲストの小西真奈美さんも良かった。このひと、こんなに演技うまかった?(失礼!)と驚き。

【内容】初放送から10周年を迎えた人気刑事ドラマ「相棒」シリーズの、2008年公開の第1弾に続く劇場版第2弾。警視庁本部内で起こった前代未聞の籠城(ろうじょう)事件に、警視庁特命係の刑事コンビ、杉下右京と神戸尊が挑む。
監督:和泉聖治
脚本:輿水泰弘 、戸田山雅司

今放映中のシーズン9で小野田官房長が出てこないなぁ~と不思議に思っていましたが、その答えがこの映画にありました。
正直、ショックを隠しきれません。

ドラマ中、右京と官房長のシーンは特別な空気感があり、とても好きなシーンでもありました。どこかホッとできるような...(話している内容は非常に濃いのですが)
唯一の味方であり、敵でもあり...特命係の後ろ盾でもありました。
それがこんなにあっさり...
#未見の方もいると思うので、あえてハッキリ書きません。
今後のドラマはどうなってしまうのか?
そちらの方が心配になりました。

映画とちょっと話がずれました...

警視庁での籠城事件。しかし、これはほんの序章にすぎない。
犯人は元警察官。右京の信念が事件の裏を紐解いていく...

物凄く大きなスケールの謀略が横たわっており、現実性と説得力も十二分。
エンディングへの畳みかけも素晴らしかった。
あっという間でした。
新相棒となった神戸尊役のミッチー、回を増すごとにしっくりしてきて、とてもいい雰囲気です。この映画ではさらに新しい一面も見せてくれています。

内容がとても濃いので、ついていくのが必死という感もありますが
とにかく相棒ワールド炸裂です。

『相棒』ファンでない方も(テレビシリーズ未見の方も)、充分楽しめると思います。

特に『相棒』ファンの方は必見です。あのシーンを見逃してはいけません!!
[PR]
by uzuzun_55 | 2011-01-10 15:44 | 【映画生活】
<< 韓国ドラマ 『ソル薬局の息子たち』 新年! >>