韓国ドラマ 『オンエアー』
ソン・ユナssi、結婚おめでとう!
#なんと!お相手はソル・ギョングssi 驚きました~

ということで、視聴してからずいぶんたちますが、[2008SBS演技大賞]最優秀演技賞に輝いたソン・ユナssiの作品『オンエアー』のレビューをおくります!

b0006749_17422764.jpg

韓国SBS 2008年3月 全21話
演出:シン・ウチョル 、脚本:キム・ウンスク
出演:キム・ハヌル、パク・ヨンハ、イ・ボムス、ソン・ユナ他

2008年9月から11月にかけて、テレビ東京で視聴。残念ながら吹替えです(泣)

パク・ヨンハが5年ぶりにドラマ復帰、「パリの恋人」や「プラハの恋人」の演出家と脚本家が再びタッグを組み、放送業界の裏事情をありのままに描いた作品、さらに豪華キャスティング(カメオ出演:カン・ヘジョン、チョン・ドヨン、イ・ヒョリ、オム・ジウォン)、放送前からかなり注目を浴びていたようです。

【あらすじ】テレビ局を背景にトップスター(キム・ハヌル)とマネージャー(イ・ボムス)、人気作家(ソン・ユナ)、新人プロデューサー(パク・ヨンハ)がドラマをつくっていく過程を描く。

韓国のドラマ制作過程が見られて、なかなか面白かったです。
パク・ヨンハの久しぶりの演技を見ましたが、しっかりイメージチェンジできていて、プロデューサー役なかなか格好良かったです。ソン・ユナ演じる人気作家ソ・ヨンウンとの恋模様(!?)も自然でした。

キム・ハヌル演じるオ・スンアは「国民の妖精」と言われるトップ女優。プライドも高く、わがままで身勝手。でも実は心の奥は...というところでイ・ボムス演じる情に厚いマネージャー、チャン・ギジュンとの係わり合いがしっかり描かれていて、ラストも良かったです。

この4人の”自分の信念を曲げない”様、プロ根性を垣間見た気がしました。

イ・ボムスは何を演じても上手いなぁと実感。
この役もけっこう格好良く見えちゃうから不思議(笑)
キム・ハヌルも人気スターのオーラは出ていましたが、ときおり青木さやかに見えてしまうのが玉にキズです(ファンの方 ごめんなさい~)。

まぁまぁ面白かったのですが、いかんせん吹替えだったので、声があまりにも違いすぎていて、ドラマに入りこめない部分が多々ありました...特にキム・ハヌル(声:弓場沙織)とチェリー役のハン・イェウォン(声:加藤忍) 。このチェリー役の吹替えの人は『春のワルツ』のヒロインも吹替えしていたので想像できるかと思います( ̄^ ̄)

やっぱり字幕&ノーカットじゃないと本当の感想は書けないかもしれませんね。
あしからず。
[PR]
by uzuzun_55 | 2009-05-10 18:08 | 韓国ドラマ・あ行~
<< 掃除機 サイクロン vs 紙パック 韓国ドラマ 『愛情の条件』 >>